ニュース
» 2017年02月27日 15時30分 UPDATE

間もなく開催:MWC 2017、IntelとQualcommが4G/5G技術で火花 (1/2)

スペイン・バルセロナで間もなく始まる「Mobile World Congress(MWC) 2017」では、5G(第5世代移動通信)向け技術はもちろんのこと、LTE向け製品でも成熟したものが登場しそうだ。中でも5G向けモデムをいち早く発表したQualcommとIntelの展示は注目に値するだろう。

[Junko Yoshida,EE Times]

5GだけでなくLTEも

 2017年2月27日〜3月2日にスペインバルセロナで開催予定の「Mobile World Congress(MWC) 2017」では、一貫性に欠く傾向がみられそうだ。ベンダー各社は、今後2〜3年の間に実現予定の5G(第5世代移動通信)がいかに素晴らしいかを示すデモを自社ブースで披露し、参加者たちを引き付けるだろう。その一方、新製品としては、今すぐ使用可能な4G(第4世代移動通信)製品を発表するとみられる。

 その典型的な例を示すのが、ライバル同士であるIntelとQualcommだ。両社は、まだ研究段階にとどまっている5G機能に関するデモを披露する予定だが、一方で、既存のLTE市場において足跡を拡大するための製品を新たに投入しようとしている。例えばQualcommは、2016年にTDKとの間で設立した合弁会社「RF360 Holdings Singapore(以下、RF360 Holdings)」から、最初の製品を発表する予定だ。またIntelは、携帯インフラ向けに、ギガビットクラスのLTEモデムを投入する予定だという。

 米国の市場調査会社であるForward Conceptsでプレジデントを務めるWill Strauss氏は、「MWC 2017では、5Gが全てになるだろう。5Gをどのように認識するかが非常に重要だ」と述べる。

 MWC 2017で行われるデモ実演は、特にミリ波帯のモバイルブロードバンドや低遅延、高信頼性のサービスなど、第一波となる5G製品のユースケースに集中するだろう。Intelの5Gグループを率いるRob Topol氏は、「例えば、5Gを採用することにより、独立型のVR(仮想現実)ヘッドセットや、マルチメディア対応ドローンなどをサポートすることが可能になる」と述べている。

 またIntelは、5Gクライアント向けに第3世代の開発プラットフォームを披露するとみられる。900MHzの帯域幅を使用し、10Gビット/秒(Gbps)データ伝送速度を可能にすべくFPGA「Stratix 10」をベースにするという。対応する周波数帯は、600MHz〜39GHzと幅広く、特定帯域に関する規制も調整されている。

 Intelは「CES 2017」(2017年1月5〜8日、米国・ラスベガス)において、2017年末までに5G対応のスマートフォンモデムのサンプル出荷を開始する予定だと発表した。これは、3GPPグループが5G対応の新しい無線インタフェース向けに標準規格の草案策定を予定している時期と、同じタイミングになる。これらのミーティングに参加しているエンジニアたちによると、5G規格の第1段階が正式に承認されるのは、2018年5月以降になる見込みだという。

 またIntelは、開発プラットフォームの初期バージョンを使用して、自動車とEricssonの基地局との間で、5Gで要求されているレベルの接続を実現する予定だという。800MHzの帯域幅を使用し、5G〜7Gbpsの伝送速度を達成できる見込みだ。Topol氏は、「チップセットベンダーとインフラベンダーとの間の相互運用性を無線で実現するデモを披露する予定だ。5Gを無線インタフェースとして確立していく上で、重要なステップになるだろう」と述べる。

 Qualcommは、「MWC Shanghai 2016(2016年6月29日〜7月1日、中国・上海)」において、同じような5G試作版の接続機能のデモを披露している。

 Topol氏は、「MWC 2017でデモを披露することにより、5Gのユースケースが理論から現実のものになりつつあることを明示できると考えている。5G製品の優先順位付けが進み、投入のタイミングが分かるようになるだろう」と述べる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.