ワイヤレスジャパン2017
ニュース
» 2017年03月01日 13時30分 UPDATE

100MHz帯域幅に対応:NECが5G向け超多素子アンテナ、LTEの15倍以上

NECは5G(第5世代移動通信)向けに、小型で軽量の超多素子AAS(Active Antenna System)を開発したと発表した。通信セル当たりのスループットは、LTEの15倍以上を実現するという。

[庄司智昭,EE Times Japan]

フルデジタル制御を採用

超多素子AASの外観 出典:NEC

 NECは2017年2月、5G(第5世代移動通信)向けに、小型で軽量の超多素子AAS(Active Antenna System)を開発したと発表した。100MHz帯域幅に対応したことに加えて、64個のアンテナ素子を活用して、精度の高い指向性を持った信号を形成する「フルデジタル制御」を採用。空間多重技術も組み合わせることで、端末が偏在していたり、移動していたりする環境でも、高い周波数利用効率を実現するという。NECによると、従来のLTEと比較して、通信セル当たり15倍以上のスループットを達成可能だ*)

*)40MHz帯域幅、2並列伝送の場合との比較。

 また、RF回路と、デジタル回路の集積化や高密度プリント配線基板の採用により、アンテナ素子と無線処理部を一体化している。これにより、実用レベルとする26×34cm、重量6kgと小型軽量サイズを実現した。

 NECは、2017年2月27〜3月2日にスペイン・バルセロナで開催されている「Mobile World Congress(MWC) 2017」で、同製品の展示と5Gへの取り組みを紹介する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.