ニュース
» 2017年03月07日 09時30分 UPDATE

第9回 国際二次電池展:厚さ0.5mmのリチウムイオン二次電池、FDKが展示

FDKが「第9回 国際二次電池展」で展示した、開発中の薄型リチウムイオン二次電池は、厚さが約0.5mmとかなり薄い。製品化の時期は特に定めておらず、現在は用途やターゲット市場を探っている段階だ。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

厚さ0.5mmのリチウムイオン二次電池

 FDKは、「第9回 国際二次電池展」(2017年2月28日〜3月2日、東京ビッグサイト)で、現在開発中の薄型リチウムイオン二次電池を展示した。ICカードなどに搭載できるくらい薄いもので、容量は現時点では10mAh、14mAhとなっている。

開発中のリチウムイオン二次電池。サイズは左が33×29×0.45mm、右が27×39×0.55mm(クリックで拡大)

 FDKは、同様の薄型リチウム一次電池を既に製品化している。同社は、「この薄型リチウム電池を搭載したワンタイムパスワードカードが、最近になって市場に投入され始めた」と説明する。

左=薄型リチウム一次電池。容量は15〜35mAhをそろえている/右=同電池を搭載したカードの例(クリックで拡大)

 FDKによれば、開発中の薄型リチウムイオン二次電池について、「技術的には問題がないレベルまで開発できているが、用途がクリアに見えていない。充電方法も、Micro USB(Micro B)なのか、Qiなどのワイヤレス給電なのか、などを考えなくてはならない」と話す。「ただ、われわれとしては、やはりカードタイプの物が適していると考えている。使い捨てのカードではなく、情報を送信するためのカード型端末などができれば充電が必要になるので、薄型のリチウムイオン二次電池が生きるのではないか。用途について、さまざまなアイデアをいただきたいので、このような展示会に出展している」(同社)

 薄型リチウムイオン二次電池の容量については、現在のサイズを維持すると前提すると、製品化している一次電池と同様、35mAhくらいが上限になるという。技術的には厚みや面積を大きくすることはできるが、小型と薄型が特長と考えているので、少なくとも厚みを増やすことは考えていないとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.