ニュース
» 2017年03月10日 10時30分 UPDATE

リコー電子デバイス:低消費電流電源IC、IoT/ウェアラブル機器向け

リコー電子デバイスは、消費電流が極めて小さい電源IC「RP118」シリーズを発売した。IoT(モノのインターネット)/ウェアラブル機器などで、電池の使用時間をより長くすることが可能となる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

「高速モード」と「低消費モード」を自動切り替え

 リコー電子デバイスは2017年3月、消費電流が極めて小さい電源IC「RP118」シリーズを発売した。IoT(モノのインターネット)/ウェアラブル機器などの用途に向ける。

電源IC「RP118」シリーズの外観。左からSOT23-5品、DFN(PLP)1010-4品、WLCSP-4-P8品

 RP118シリーズは、消費電流が無負荷時に0.2μA、待機時は0.002μAと極めて小さい。このため、ウェアラブル機器などに内蔵された小型電池で長時間の駆動が可能となる。出力電流は100mA、出力電圧は1.2〜3.6Vで0.1Vステップで選択することができる。出力電圧精度は±1.0%である。入力電圧範囲は1.7〜5.5V。

 また、2つの動作モードを用意している。システムの仕様に応じて、「高速モード」と「低消費モード」を自動で切り替えることが可能である。オートディスチャージ機能も搭載しており、システムの立ち下げシーケンス制御を行うことができる。

 パッケージは外形寸法が1.00×1.00×0.60mmのDFN(PLP)1010-4や、0.64×0.64×0.40mmのWLCSP-4-P8、2.80×2.90×1.20mmのSOT23-5を用意しており、順次サンプル出荷を始める。サンプル品の参考価格(税別)は、1000個購入時の単価が100円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.