展示会:テクノフロンティア2017
ニュース
» 2017年03月15日 09時30分 UPDATE

フルSiCパワー半導体モジュール:HEV用SiCインバーター、体積は「世界最小」

三菱電機は、体積が5リットルと小さいHEV用「SiC(炭化ケイ素)インバーター」を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

フルSiCパワー半導体モジュールを採用

 三菱電機は2017年3月、HEV用の「小型SiC(炭化ケイ素)インバーター」を開発したと発表した。体積は5リットル(L)と小さく、2モーター方式HEVに対応する同等製品と比べて「世界最小」と主張する。

開発したHEV用小型SiCインバーターの外観

 SiCインバーターは、フルSiCパワー半導体モジュールを採用することで電力損失を低減した。しかも、パワー半導体はモジュールと冷却器をはんだで接続する構造としたことで、高い放熱特性を実現している。

 開発品の体積は5Lと小さく、電力密度は業界最高レベルの86kVA/Lを達成した。これにより、HEVの車室内空間を広げることが可能になるとともに、インバーターの設置場所についても、その自由度が高まる。燃費の向上にもつながるとみている。

 今後は量産化に向けた開発を行い、ストロングハイブリッド車で用いられる2モーター方式のHEVに向けて、2021年度以降の事業化を目指している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.