ニュース
» 2017年03月17日 13時30分 UPDATE

パワーモジュール事業を強化へ:村田製作所が米国の新興電源ICメーカーを買収

村田製作所は米国の半導体メーカーであるArctic Sand Technologiesを2017年4月初めにも買収する。

[竹本達哉,EE Times Japan]

MITからスピンアウトしたArctic Sand Technologies

 村田製作所は2017年3月17日、米国の子会社であるPeregrine Semiconductorを通じて、米国の新興半導体メーカーArctic Sand Technologiesを買収すると発表した。買収は2017年4月初めにも完了する見込み。

Arctic Sand TechnologiesのLEDドライバー製品イメージ 出典:Arctic Sand Technologies

 Arctic Sand Technologiesは2010年に、米マサチューセッツ工科大学(MIT)からスピンアウトし創業したファブレスの半導体メーカー。本社所在地は、米国マサチューセッツ州バーリントン。LEDバックライトコンバーターやマイコンやメモリ向けの降圧型レギュレーターといった電源ICを主に扱い、変換効率の高い電源ICを小型、薄型で実現する点に強みを持つ。2016年末時点の従業員数は26人。

 村田製作所は今回の買収によりパワーモジュール事業の強化を図る。村田製作所の通信・センサ事業本部長兼エネルギー事業統括部長を務める中島規巨氏はリリースの中で「小電力パワー半導体技術と当社技術の融合により、小型、薄型、省電力が求められる成長市場において、顧客ニーズを満足する製品をいち早く提供する」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.