特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年03月23日 11時30分 UPDATE

無線の切り替えが可能に:Wireless Geckoが真のマルチプロトコルMCUへ進化 (1/3)

Silicon Laboratories(シリコン・ラボラトリーズ)は2017年3月、無線機能搭載マイコン「Wireless Gecko」の機能を強化した新製品群と、Wireless Gecko上で動作する無線プロトコルを任意に切り替えられる機能の提供を開始した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

マルチプロトコルSoCデバイス

 Silicon Laboratories(シリコン・ラボラトリーズ/以下、Silicon Labs)は2017年3月、無線機能搭載マイコン製品群「Wireless Gecko」の新製品の量産を開始するとともに、Wireless Gecko上で動作する無線プロトコルを任意に切り替えられる機能を盛り込んだSDK(ソフトウェア開発キット)の提供を開始した。

「Wireless Gecko」の製品イメージ

 Wireless Geckoは、ARM Cortex-M4コアベースのマイコンに、さまざまな無線プロトコルに対応するRF回路を搭載したデバイスで、Silicon LabsはマルチプロトコルSoCデバイスと位置付ける。対応する無線プロトコルは、Bluetooth、ZigBee、Threadと独自プロトコル。独自プロトコルは、Bluetoothなどが使用する2.4GHz帯だけでなく、サブギガヘルツ帯を使用するプロトコルにも対応し、マルチプロトコル、マルチバンド対応となっている点も大きな特長。Wireless Gecko1つでRFデバイスを外付けすることなく、各種無線プロトコルに対応するワイヤレス機器を実現できるデバイスとして、ホーム/ビルオートメーション、照明器具、産業用IoT(IIoT)用途で利用されている。

フラッシュ4倍、RAM8倍、新規ペリフェラル追加

既に販売を行っている「EFR32xG12」の開発評価用ボード。新たに搭載したタッチセンシング制御機能評価用の静電容量スイッチも備えている (クリックで拡大)

 Silicon Labsでは2017年3月から従来のWireless Gecko製品よりも内蔵メモリ容量やペリフェラルを拡充し、ディープスリープモード時の消費電流を従来の半分となる1.5μAに抑えた新しいWireless Gecko製品シリーズ「EFR32xG12」の量産出荷を開始した。従来製品では256Kバイトだった最大フラッシュメモリ容量を1024Kバイトと4倍に拡張。RAM容量は従来の最大32Kバイトの8倍になる最大256Kバイトに増やした製品をラインアップした。

 ペリフェラルは、GPIOやUSART、I2Cといったインタフェースを大幅に増設。Silicon Labsのマイコン「Gecko」で実績のある静電容量型タッチセンシング制御機能(Cタッチ)をWireless Geckoとして初めて搭載した。

新しいWireless Gecko製品シリーズ「EFR32xG12」のブロック図(左)と動作モード (クリックで拡大) 出典:Silicon Laboratories
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.