展示会:テクノフロンティア2017
ニュース
» 2017年03月24日 15時30分 UPDATE

テクノフロンティア 2017 開催直前情報:ノイズ対策や省電力設計のための最新ツールを展示 キーサイト

キーサイト・テクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2017」(テクノフロンティア/会期:2017年4月19〜21日)で、「ノイズの測定と対策」および「省電力設計と評価」をテーマに、同社の最新製品などを展示する。

[EE Times Japan]

TECHNO-FRONTIER 2017 開催直前情報

 2017年4月19~21日、メカトロニクス・エレクトロニクス技術の発展と普及を支援する、アジアを代表する要素技術専門展示会「TECHNO-FRONTIER 2017(テクノフロンティア)」が、千葉市・幕張メッセで開催される。

 TECHNO-FRONTIER 2017の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパンの4メディアではTECHNO-FRONTIER 2017の特集ページを設け、各編集部が厳選した見どころ情報や関連リリース、速報記事、イベントレポートなどを多数紹介する。

 今回は、キーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)の出展内容を紹介する。


ノイズの測定とその対策をテーマに

 キーサイトは、EMC・ノイズ対策技術展とエコパワーソリューション展の両方に出展する。EMC・ノイズ対策技術展でのテーマは、「ノイズの測定とその対策」だ。ノイズは、単に測定すればいいというわけではない。いかにノイズを低減するかが重要になっている。同社は、計測という観点で、ノイズ対策への提案を行い、ノイズの規格測定から簡易測定まで幅広い製品ラインアップを展示する。

 エコパワーソリューションでのテーマは、「省電力設計と評価」である。IoT(モノのインターネット)や自動車などでは、省電力化が加速していて、市場は実現方法と評価方法を模索していることから、このテーマに沿って技術や製品を展示する。

EMCなどの規格測定に最適なEXAシグナル・アナライザ

 展示では、ノイズの根治を目的としたPI(Power Integrity)/SI(Signal Integrity)の要素も加味した設計や対応方法を紹介する。EMCなどの規格測定については、東陽テクニカと協力し、トータルの測定環境を展示する予定だ。この他、バッテリーおよびバッテリー搭載機器の省電力化を実現する手法を、回路設計、素材の特性検証、部品や最終機器の消費電力プロファイル評価などの視点から提案する。

消費電力削減を極めるための不可欠なツール デバイス電流波形アナライザ

 キーサイトはテクノフロンティアについて、「新しいお客さま、当社の想定していない市場プレイヤーからのコンタクト、他の企業との協調の発見を期待したい」とコメントしている。また、注目しているトピックスとして、自動車分野やIoT、5G(第5世代移動通信)などを挙げた。「自動車の高度電装化に伴う、メカ部品プレイヤーと電気部品プレイヤーが融合し、その結果として引き起こされる、プレイヤーの立ち位置の変化や、新しいプレイヤーの勃興に注目している」(キーサイト)

TECHNO-FRONTIER 2017

会期 2017年4月19日(水)〜21日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
キーサイト・テクノロジー ブースNo.:EMC・ノイズ対策技術展 5K-10、
エコパワーソリューション展 6T-13

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.