ニュース
» 2017年03月29日 10時30分 UPDATE

eコマース機能も導入:ルネサス、産業向け「マーケットプレイス」開設

ルネサス エレクトロニクスは、「産業向けルネサスマーケットプレイス」を開設し、2017年4月11日よりサービスを開始する。パートナー各社の「RZ/G Linuxプラットフォーム」に関連するソリューション情報をまとめて提供する。製品購入も可能となる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

RZ/G Linuxプラットフォームに関する情報を集約

 ルネサス エレクトロニクスは2017年3月、「産業向けルネサスマーケットプレイス」を開設し、4月11日より日本でサービスを開始すると発表した。パートナー各社の「RZ/G Linuxプラットフォーム」に関連するソリューション情報をまとめて提供する。製品を購入することも可能である。順次、海外でのサービスも行う予定。

 ルネサスは、産業分野のユーザーに向けたRZ/G Linuxプラットフォームを、2016年10月に発表した。動作検証済みのオープンオースソフトウェアやミドルウェアをパッケージ化し、クラウド開発環境とともに提供するための仕組みだ。ユーザーに対してLinuxの導入や開発費の節減、付加価値の高い組み込みシステムの開発などを支援してきた。

 こうしたサポート体制をさらに進化させるのが、産業向けルネサスマーケットプレイスである。パートナー各社が提供するRZ/G Linuxプラットフォームに関連するソリューションの最新情報をまとめている。将来的には、パートナー企業の製品を組み合わせて、目的別ソリューションをユーザーに提案できるようにしていく予定である。

新たに開設する産業向けルネサスマーケットプレイスの画面 (クリックで拡大) 出典:ルネサス

 一例だが、ユーザーはパートナー企業が登録した認証済みソフトウェア(評価版)を、必要に応じて同サイトからダウンロードし、速やかに評価、検証することができる。このため、従来のように、ユーザー自身で動作検証などの作業を行う必要がなく、開発、検証サイクルの期間を大幅に短縮することができるという。

 開設したマーケットプレイスにはもう1つ大きな特長がある。半導体メーカーとして、電子商取引(eコマース)の仕組みを初めて導入したという。これにより、パートナー各社のソフトウェアや開発ツール、ボードなどを誰でも同サイトから購入できるようにした。これらの機能、サービスを実現するため、マイクロソフト製のクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を基盤として運用している。システム構築はソフトバンク・テクノロジーと協業し、eコマース機能を実現した。

 マーケットプレイスではパートナー各社がそれぞれの新技術、新製品などの情報を直接発信し、個別に紹介することもできる。このため、パートナー企業はマーケットプレイスを活用したグローバルなビジネス展開が可能となる。

発表時点で産業向けルネサスマーケットプレイスに参加しているパートナー企業(予定含む)とその製品例 (クリックで拡大) 出典:ルネサス

 なお、ルネサスは2017年4月11日にザ・プリンス パークタワー東京(東京都港区)で開催するプライベート総合展「Renesas DevCon Japan 2017」において、産業向けルネサスマーケットプレイスを活用した開発体験なども行う予定である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.