ニュース
» 2017年04月04日 09時30分 UPDATE

Qualcommが3位に:2016年半導体メーカー売上高ランキング――IHS Markit

市場調査会社のIHS Markitは、2016年の世界半導体市場についての調査結果と、同年における半導体メーカー別売上高ランキングを発表した。同社の報告によると、世界半導体市場は前年比2%増の成長を遂げ、3524億米ドルとなった。

[辻村祐揮,EE Times Japan]

特にDRAMとNAND型フラッシュメモリが拡大

 市場調査会社であるIHS Markitは、2016年の世界半導体市場についての調査結果と、同年における半導体メーカー別売上高ランキングを発表した。同社の報告によると、世界半導体市場は前年を2%上回り、3524億米ドルに成長した。

 世界半導体市場規模が成長した要因の1つは、DRAMとNAND型フラッシュメモリの成長だ。その理由としては、平均販売価格(ASP)の増加に加え、供給制限と大幅な需要増が挙げられる。IHS Markitの予測によると、DRAMとNANDフラッシュの市場規模は2017年を通じて記録的な領域に達する見込みだ。

 車載アプリケーション向け半導体も、市場規模の拡大を促した要因の1つだ。車載アプリケーション向け半導体は、2016年の間に前年から9.7%拡大。中でも、マイクロコンポーネントとメモリICの成長率は10%以上と群を抜いている。

相次ぐ企業合併、この傾向は今後も継続か

半導体メーカー別収益ランキングトップ10(単位:百万米ドル)
16年
順位
15年
順位
社名 2016年
売上高
前年比
増減
2016年
シェア
1 1 Intel 54,981 6.9% 15.6%
2 2 Samsung Electronics 40,323 4.2% 11.4%
3 4 Qualcomm 15,405 ▼6.6% 4.4%
4 5 Broadcom Limited 14,979 ▼2.1% 4.2%
5 3 SK Hynix 14,699 ▼10.9% 4.2%
6 6 Micron Technology 12,963 ▼7.9% 3.7%
7 7 Texas Instruments 12,686 3.5% 3.6%
8 9 東芝 10,258 16.1% 2.9%
9 8 NXP 9,306 ▼3.3% 2.6%
10 13 MediaTek 8,733 31.2% 2.5%
トップ10 194,333 2.3% 55.1%
その他 158,116 1.5% 44.9%
全体 352,449 2.0% 100%
IHS Markitの資料を基に編集部で作成

 売上高ランキングの首位はIntel、2位はSamsung Electronics、3位はQualcomm。だが、トップ20の中で売り上げ成長率が最も高かったのはON SemiconductorとNVIDIA、次いでMediaTekだという。NVIDIAがGPUの大幅な需要増に基づき売り上げを向上したのに対して、ON SemiconductorとMediaTekはそれを複数の合併によって成し遂げた。MediaTekに至っては、約30%成長しトップ10入りを果たした。

 Qualcommはファブレス企業としては、2番手のMediaTekと3番手のNVIDIAを突き放しトップを維持。今後NXPを買収することで、2017年の市場シェア拡大を目指している。IHS Markitによると、半導体業界における企業合併の傾向は収まる予兆がなく、2017年も続く見通しだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.