ニュース
» 2017年04月04日 13時30分 UPDATE

ネットワークモードで測定:アンリツのWLAN測定器、実動作状態で評価

アンリツは、「IEEE 802.11ac」対応機器のRF送受信特性を、実動作状態で測定できるWLAN測定器を発売した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

IEEE 802.11ac/n/g/b/aのWLAN規格に対応

 アンリツは2017年3月、「IEEE 802.11ac」対応機器のRF送受信特性を、実動作状態で測定できるWLAN測定器「MT8862A」を発売した。

WLAN測定器「MT8862A」の外観

 MT8862Aは、IEEE 802.11ac/n/g/b/aのWLAN規格に対応した測定器。通信プロトコルが内蔵されており、WLAN機能を搭載した機器の送信電力や変調精度、受信感度といったRF送受信特性を、ネットワークモードで測定することができる。既販の「MT8860C」をモデルチェンジした製品となる。

 IEEE 802.11ac搭載機器の送受信特性を測定および評価するにはこれまで、測定器と被測定機器を制御線で接続する「テストモード」で行っていた。この方法だと、被測定機器に内蔵されているアンテナの特性に影響を与えるため、実際に使用する状態とは異なる測定結果になる可能性があった。制御線の接続といった煩雑な作業も必要であった。新製品はこうした課題を解決することができるという。

 MT8862Aは、制御用PCとイーサネットケーブルで接続し、PC側から操作することができる。これにより、PC側のWebブラウザからMT8862Aをリモート制御してセットアップしたり、測定画面を表示したりすることが可能となる。

 同社は、スマートフォンやスマート家電機器、車載電子機器、ゲートウェイ装置など、WLAN搭載機器のRF送受信特性試験用途に提案していく計画である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.