展示会:テクノフロンティア2017
ニュース
» 2017年04月06日 16時15分 UPDATE

テクノフロンティア 2017 開催直前情報:光アイソレーション型の差動プローブなどを展示 テクトロニクス

テクトロニクスは「TECHNO-FRONTIER 2017」(テクノフロンティア/会期:2017年4月19〜21日)で、「高効率パワー」「ノイズ」「USB-PD」の3つをテーマに、関連する最新製品を展示する。「高効率パワー」については、光アイソレーションを使い、これまで見えなかった信号を観測できるようにした差動プローブなどを紹介する予定だ。

[EE Times Japan]

TECHNO-FRONTIER 2017 開催直前情報

 2017年4月19〜21日、メカトロニクス・エレクトロニクス技術の発展と普及を支援する、アジアを代表する要素技術専門展示会「TECHNO-FRONTIER 2017(テクノフロンティア)」が、千葉市・幕張メッセで開催される。

 TECHNO-FRONTIER 2017の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパンの4メディアではTECHNO-FRONTIER 2017の特集ページを設け、各編集部が厳選した見どころ情報や関連リリース、速報記事、イベントレポートなどを多数紹介する。

 今回は、テクトロニクスの出展内容を紹介する。


「高効率パワー」「ノイズ」「USB-PD」を中心に展示

「IsoVu」光アイソレーション型測定システム(クリックで拡大)

 テクトロニクスは、「高効率パワー」「ノイズ」「USB-PD(Power Delivery)」の3つをテーマに、それぞれのアプリケーションでの計測、テスト、解析における新しい課題に応えるソリューションを紹介する予定だ。

 「高効率パワー」については、待機電力測定やテストに対するソリューションを紹介する。また、光アイソレーションにより1GHzの周波数帯域と120dBの同相モード除去比を実現し、今まで見えなかった信号を観測できるようにした差動プローブのデモも展示する。

 「ノイズ」については、スペクトラム・アナライザ(スペアナ)統合型オシロスコープによるノイズと電源波形の時間相関解析を紹介する。ノイズ発生源の特定が容易になり、EMC対策時間を短縮できる。さらに、従来のスペアナでは取り込むのが困難な、広帯域かつ瞬間的な電源ノイズを容易に捕捉できるリアルタイム・スペアナのデモも行う予定だ。

USBリアルタイム・スペクトラム・アナライザ「RSA600A」

 「USB-PD」では、パワー・テストの実演の他、デバッグに有効なPDのプロトコル・デコードソフトウェアを展示する。

 テクトロニクスは、テクノフロンティア 2017に対する期待について、「顧客の最先端の技術動向を把握するとともに、その技術に伴うさまざまな課題をシェアしていただくことにより、新たなソリューションの提案および今後の製品開発に役立てたい」とコメントしている。

TECHNO-FRONTIER 2017

会期 2017年4月19日(水)〜21日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
テクトロニクス ブースNo.:6S-43

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.