ニュース
» 2017年04月07日 09時30分 UPDATE

サイバー攻撃にも対応:ルネサスの「レベル4対応自動運転車」に試乗 (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

半導体の故障やサイバー攻撃などのリスクにも対応

 自動運転車の試乗会は、ホテルの駐車スペースに一周約200mの走行コースを設けて行われた。運転席には安全のため担当者が乗り込んだが、運転操作は行わない。走行コースには2本の赤い線で走行レーンを設け、車両に取り付けたカメラで赤いレーンを認識して、その中央部を走行した。走行スピードは事前に上限を設定してあるが、カーブなど走行状況に応じて、自動で安全なスピードを保ちながら走行するという。

 デモカーは走行コースに設置された信号機とV2X通信し、赤信号では自動停止し青信号になると走行した。道路標識はカメラで認識し、一旦停止して安全確認をした後に再スタートした。また、デモカーの前を走行する別の車とはV2X通信を行い、車間距離を一定に保って走行する実験も行った。

 さらに、半導体の故障やサイバー攻撃に対応する走行デモも行った。走行中にSoCの1個を故障モードに設定したところ、車両が故障を自動で検知して、あらかじめ設定された安全な路肩まで走行し、停車した。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.