展示会:テクノフロンティア2017
ニュース
» 2017年04月21日 09時30分 UPDATE

テクノフロンティア 2017:IoT開発キット、モジュラー構造で変更も容易

オン・セミコンダクターは、「TECHNO-FRONTIER 2017(テクノフロンティア 2017)」で、モジュラー構造のIoT(モノのインターネット)開発キットについて、その応用事例を交えてデモ展示した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

多種多様なIoTの開発要件に対応

 オン・セミコンダクターは、「TECHNO-FRONTIER 2017(テクノフロンティア 2017)」(2017年4月19〜21日、千葉・幕張メッセ)で、モジュラー構造を採用したIoT(モノのインターネット)開発キットを紹介した。ブースでは、この開発キットの応用事例として、スマートビルディング向け自動シャッターのデモ展示を行った。

 同社はパワーマネジメントICやセンサー製品、ワイヤレス通信用SoCなどの製品群を提供している。今回はこれらの製品群に加えて、IoT機器や電源システムに向けたソリューションの展示にも注力した。

 IoTソリューションのコーナーでは、ARMの「Cortex-M3」コアを内蔵したSoC(System on Chip)を実装したベース基板と、この基板に接続して用いるモジュール基板などからなるIoT開発キットを紹介した。モジュール基板としては、各種の通信機能やセンサー機能、アクチュエーター機能を搭載した製品が用意されている。

IoT開発キットのイメージ図

 モジュール基板としては、SIGFOXやWi-Fi、EnOceanといった無線通信、PoE(Power over Ethernet)機能付きイーサネットやCAN(Controller Area Network)などの有線通信に対応する製品の他、PIR(Passive Infrared Ray)モーションセンサー、アンビエントライトセンサー、心拍センサーなどのセンサー製品、さらにはステッパーモーターやブラシレス直流モーターなどを駆動するためのアクチュエーター製品などが用意されている。

 この開発キットには、MQTT(Message Queue Telemetry Transport)やREST(Representational State Transport)など、業界標準のクラウド接続プロトコルなども含まれている。この開発キットのクラウドは「Carriots」がデフォルトとなっているが、「IaaS」や「PaaS」「SaaS」を設定することも可能だという。このため、システム設計者はクラウドサービスを利用したセンサーシステムの開発と評価を、比較的容易に行うことができるようになった。

 ブースでは、IoT開発キットを用いてスマートビルディング向け自動シャッターのデモ展示を行った。このデモシステムは、ベース基板にアンビエントライトセンサーやステッパーモーターを駆動するアクチュエーターなどのモジュール基板を組み合わせている。

IoT開発キットを用いたスマートビルディング向け自動シャッターのデモ展示の模様。左はモジュール基板の製品群

 アンビエントライトセンサー(照度センサー)が部屋の明るさを感知し、状況に応じて窓に取り付けたブラインド(シャッター)の角度を調節して、明るさを調整するデモである。部屋の明るさやブラインドの角度に関する情報はクラウドのサーバにアップロードされ、クライアント側の端末でこれらの情報を確認することができるという。

 「これまで当社は、IoT向けにカメラモジュールで撮影したデータをクラウド側に伝送するシステムなどは提供してきた。しかし、開発キットとしてサンプルのソースコードも含め、構成変更が可能なプラットフォームで提供するのは今回が初めて」(説明員)と話す。

 これ以外にも展示ブースでは、USB Type-C/PDソリューションや極めて小さな消費電力を実現したBluetooth 5対応のSoC「RSL10」などを紹介した。

↑特集ページへ↑

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.