展示会:テクノフロンティア2017
ニュース
» 2017年05月02日 09時30分 UPDATE

テクノフロンティア 2017:CISPR16-1-1に適合したEMIテストレシーバー

ローデ・シュワルツ・ジャパンは「TECHNO-FRONTIER 2017(テクノフロンティア2017)」で、EMIテスト・レシーバーのフラグシップモデル「R&S ESW」の最新機種を展示した。「CISPR16-1-1」に完全適合した高速FFTによるタイムドメインスキャンを標準で搭載している。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

CISPR16-1-1に適合した高速FFTによるタイムドメインスキャン

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは「TECHNO-FRONTIER 2017(テクノフロンティア2017)」(2017年4月19〜21日、幕張メッセ)で、EMIテスト・レシーバー「R&S ESW」シリーズの最新機種を展示した。2016年2月に発表した製品である。同社の説明担当者は、「PCやTVからの弱いノイズも、クルマからの強いノイズも、どんなノイズでも計測できるような機器の開発を目指した」と強調する。

 周波数範囲が2Hz〜8GHzの「R&S ESW8」、2Hz〜26.5GHzの「R&S ESW26」、2Hz〜44GHzの「R&S ESW44」がある。テクノフロンティアで展示したのは、R&S ESW44だ。

EMIテスト・レシーバーの最新機種「R&S ESW44」。TOI(3次インターセプト・ポイント)は、入力周波数が10MHz以下の時に28dBmである。ブースでは、展示会場で飛び交っている携帯電話機の電波を計測するというデモを行っていた(クリックで拡大)

 EMI測定装置の規格「CISPR16-1-1」に適合した高速FFTによるタイムドメインスキャンを標準で搭載している。前世代の機種では、オプションとして搭載する機能だった。標準搭載することに加え、タイムドメインスキャンの機能自体を高速化している。ローデ・シュワルツ・ジャパンは、「例えば、静電気のような、1ナノ秒くらいの短時間のノイズが、1秒間に1000回出るとする。従来機種では、こうした短時間の多数のノイズを捉えるには20分くらいかかっていた。新しい世代のモデルでは、これを2〜3秒で補足できる」と説明する。

↑特集ページへ↑

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.