ニュース
» 2017年05月08日 13時30分 UPDATE

2017年第2四半期に:Samsungの売上高がIntelを超える可能性も

DRAMとNANDフラッシュメモリの価格が上昇していることから、2017年第2四半期(4〜6月期)におけるSamsung Electronicsの売上高が、Intelを超える可能性が出てきた。

[Dylan McGrath,EE Times]

メモリ価格の上昇で

 メモリチップの価格上昇により、2017年第2四半期(4〜6月期)Samsung Electronicsの売上高がIntelを追い抜く可能性が出てきた。IC Insightsが予測している。

 DRAMとNAND型フラッシュメモリのASP(平均販売価格)が上昇していることから、Samsungの売上高が増加しているという。IC Insightsによれば、2017年第1四半期(1〜3月期)のDRAMのASPは、前年同期比で45%上昇し、NANDフラッシュのASPは同40%上昇した。

 もしIntelの2017年第2四半期の売上高が、同社が予測している通り144億米ドル前後であれば、Samsungの売上高がIntelを上回る可能性がある。

IntelとSamsungの売上高の推移と予測(クリックで拡大) 出典:IC Insights

 Intelは1993年以降、半導体メーカーの売上高ランキングで首位を維持している。もしメモリが2017年を通じてこのまま安定した価格を維持すれば、Samsungは四半期だけでなく通年でIntelを抜く可能性もある。IC Insightsによると、両社とも2017年通年の売上高が約600億米ドルに届くペースで売上高を伸ばしているという。

 ただし、IC Insightsのプレジデントを務めるBill McClean氏は、「メモリ価格というのはサイクルがあるので、(Samsungの売上高がIntelを上回ったとしても)1回限りのことになる可能性もある」と、EE Timesに述べた。

 IC Insightsは、2017年後半にはメモリ価格が落ち着き始めると予測している。ただし、DRAM、NANDフラッシュともに市場は成長基調にあり、DRAM市場は前年比39%増、NANDフラッシュは同25%になるとしている。

1993年、2000年、2006年、2016年における半導体メーカー売上高ランキング上位10社。単位は10億米ドルで、ファウンドリーは除外している 出典:IC Insights

【翻訳、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.