ニュース
» 2017年05月11日 10時30分 UPDATE

校正期日も一元管理:計測器に特化した無償の資産管理ツールが登場 (2/2)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

ビジネスモデルを“モノ”から“コト”に

横河レンタ・リース社長の金川裕一氏

 横河レンタ・リースは現在、計測器、IT機器などハードウェアのレンタルビジネスに加え、ハードウェアレンタルに付随するさまざまなソフトウェアサービスの提供拡大を図っている。横河レンタ・リース社長の金川裕一氏は「計測器はハードウェアとして差別化を図ることが難しくなってきている。(ユーザーの思考は)“何を買うか”から“誰から買うか”に変わり、サービスに価値を見いだしている。われわれもビジネスモデルを“モノ”から“コト”に、ハードからソフト、サービスへと変えて、ユーザーニーズに追従していく」とし、MyAssetsの提供以外にも、エンジニア向けの情報提供や各種業務代行、受託校正、技術教育などのサービス提供を強化していく方針を示した。

 なお、横河レンタ・リースでは2017年度内のMyAssets提供目標として、大手企業を中心に36社(無償利用含む)を掲げる。

「MyAssets」の今後の展開イメージ (クリックで拡大) 出典:横河レンタ・リース

 金川氏は、「より多くの資産データ登録してもらい、それらデータから計測器対するニーズを把握し、レンタル事業などに生かしたい。将来的には、ツールを計測器販売店や海外のレンタルベンダーにOEM供給するなどのマネタイズも行いたい」としている。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.