ESEC2017
ニュース
» 2017年05月16日 13時30分 UPDATE

AI機能を持つ監視カメラ:FPGAが可能にするIoTエッジコンピュータ

PALTEKは、「第6回 IoT/M2M展【春】」で、「FPGAを用いたIoT(モノのインターネット)エッジコンピューティング」や「インダストリアルIoTパッケージ」などのデモ展示を行った。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

グローバル対応の産業用IoTゲートウェイも

 PALTEKは、「第6回 IoT/M2M展【春】」(2017年5月10〜12日、東京ビッグサイト)で、「FPGAを用いたIoT(モノのインターネット)エッジコンピューティング」や「インダストリアルIoTパッケージ」などのデモ展示を行った。

 FPGAを用いたIoTエッジコンピューティングの事例では、ブース内に設置したカメラで会場内を任意に撮影した映像の中から、人の顔らしき映像を検知すると、その特徴などから顔であることを認識するデモを行った。機械学習(推論)に適したロジック回路をFPGAに実装しておくことで、カメラで取り込んだ画像データの整理や選別から推論、加工、圧縮まで、エッジコンピュータ側でリアルタイムに処理することができる。

 ブースでは、XilinxのPYNQプロジェクトに対応したZynqベースの評価ボード「PYNQ-Z1」と、さくらインターネットが提供するIoTプラットフォームサービス「sakura.io」などを活用した監視カメラシステムのデモを行った。「FPGAの優れた演算能力によって、多くの処理をエッジ側で行うことができる。この機能を搭載した監視カメラは、クラウド側のサーバに送信するデータを最小限に抑えることができる。また、CT検査装置などの膨大な画像データを遠隔地に送り、健康状態をより正確に判断する用途などにも有用となる」(説明員)と話す。

FPGAを用いたIoTエッジコンピューティングの事例

 インダストリアルIoTパッケージのデモ展示では、工場の遠隔監視の事例を紹介した。Robustel製の産業向けIoTゲートウェイ、ユーピーアールが提供するIoTプラットフォーム「Scalenics」、ソラコム製のデータ通信SIMカードなどをパッケージにして提供する。ブースでは、会場内の温湿度や照度の情報をセンサーで収集し、ゲートウェイを介してクラウド側のサーバにデータを送信した。

インダストリアルIoTパッケージを用いた工場の遠隔監視の事例

 特にIoTゲートウェイは、「動作温度範囲や防塵性などが産業用途向けの仕様になっていること」「世界の主要な通信規格の認証を受けていること」などを大きな特長として挙げる。また、IoTゲートウェイにはScalenicsが標準搭載されており、「センサーで収集したさまざまなデータを、クラウド側でも分かりやすく可視化することができる」と述べた。欧州では路線バスにIoTゲートウェイが搭載され、バス停に運行状況を表示するシステムに採用されているケースもあるという。

ESEC2017&IoT/M2M展 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.