ニュース
» 2017年05月17日 09時30分 UPDATE

ウェアやロボット応用に期待:伸縮性導体、5倍に伸ばしても高い導電率を実現 (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

テキスタイル上に圧力と温度のセンサーを作製

 研究グループは、新開発の伸縮性導体ペーストと伸縮性配線プロセスを用いて、テキスタイル上に圧力と温度のセンサーを作製した。その工程はこうだ。まず、伸縮性に優れたポリウレタン基材上に、センサーを全て印刷プロセスで作製。このシート状のセンサーを、テキスタイル基材上に転写した。この時、テキスタイル同士の接着などを行うホットメルトを用いて貼り付けた。

印刷プロセスで作製した伸縮性の高い圧力/温度センサー 出典:東京大学、JST、理化学研究所

 このような製造プロセスだと、伸縮性に優れたセンサーをテキスタイル上でも比較的簡単に作製できる。高伸縮性センサーを活用することで、人間の動きをより正確に読み取ったり、ロボットに人間並みの皮膚機能を持たせたりすることも可能になるという。

手袋に実装されたセンサーで指先の圧力を計測することで、微妙な力の入れ具合が分かる 出典:東京大学、JST、理化学研究所

 今回の研究成果は、英国時間2017年5月15日に英国科学誌「Nature Materials」のオンライン速報版で公開された。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.