ニュース
» 2017年06月01日 10時30分 UPDATE

使用前に正規品かどうかを識別:機器間で安全/安心なUSB給電や充電を実現

ルネサス エレクトロニクスは、機器間で行うUSB給電の安全性をさらに高めるコントローラIC「R9J02G012」を開発した。USB PD3.0(USB Power Delivery Rev3.0)とC-auth(USB Type-C Authentication Rev1.0)の規格にワンチップで対応できる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

USB PD3.0とC-authの規格にワンチップで対応

 ルネサス エレクトロニクスは2017年5月、機器間で行うUSB給電の安全性をさらに高めるコントローラIC「R9J02G012」を開発したと発表した。USB PD3.0(USB Power Delivery Rev3.0)とC-auth(USB Type-C Authentication Rev1.0)の規格にワンチップで対応できる。2017年6月よりサンプル出荷を始める。

 スマートフォンやPCなどの電子機器間において、USBケーブルを用いて給電や充電を行うケースが増加している。ところが、市販されている非正規のケーブルやACアダプターの中には、利用状況によって安全性が十分に保障されない場合もあるという。新製品はこうした課題を解決することができる。

 R9J02G012は、最新のUSB PD3.0規格と、機器間認証により正規品の識別が可能なC-auth規格などに対応する機能をワンチップに集積したICである。このICを活用すれば、非正規のケーブルやACアダプターによるトラブルを回避することができる。ICパッケージは、外形寸法が6×6mmの40端子QFNあるいは、3.6×3.1mmの42端子BGAを用意した。同社従来製品を用いた場合に比べて、実装基板の占有面積を半分以下に節減することが可能になるという。

R9J02G012の外観

 新製品は、PDFU(Power Delivery Firmware Update Specification Revision 1.0)にも対応している。USB Type-Cケーブルを用いて、機器のファームウェアを安全に更新することが可能となる。

 サンプル価格(税別)は1000円。2018年1月より量産を始め、2019年1月には月産100万個体制とする計画である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.