ニュース
» 2017年06月09日 10時30分 UPDATE

改札通過時にコンテンツ取得も:次期TransferJetに向けた技術の国際標準化が完了

TransferJet コンソーシアムは2017年6月8日、次期TransferJet(TransferJet X)のベースになる10Gビット/秒(bps)を超える超高速近接無線通信技術の国際標準規格化が完了したと発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

10Gビット/秒(bps)を超える超高速近接無線通信

 TransferJet コンソーシアムは2017年6月8日、10Gビット/秒(bps)を超える超高速近接無線通信の国際標準規格化が完了したと発表した。

 TransferJet コンソーシアムがプロモータ企業4社*1)などと協力し規格化活動を進め「IEEE 802.15.3e」として国際標準規格化されたのは、キャリア周波数60GHz対、最大転送速度13.1Gbps(256QAM)といった仕様を持つ超高速近接無線通信技術。TransferJetの特長である簡単な操作性を維持しつつ、10Gbpsを超える超高速通信で、4K解像度やバーチャルリアリティー(VR)の映像といった大容量データを瞬時に転送できる。通信開始までの接続時間は2ミリ秒以下と従来のTransferJetから大幅に短縮し、「改札ゲート通過時のコンテンツ配信など、新たなユースケースの創出も検討していく」(TransferJet コンソーシアム)という。

*1)プロモータ企業4社:ソニー、日本無線、日本電信電話、東芝

新たに国際標準規格化された無線の利用イメージ。歩きながら改札にスマホをタッチし、運賃精算と同時にコンテンツを取得可能(左)。キヨスク端末などでもコンテンツのダウンロード、アップロードが瞬時に行える(右)

 TransferJet コンソーシアムは今回の規格化完了を受け、IEEE 802.15.3eをベースに新たな高速近接通信技術「TransferJet X(トランスファージェット エックス)」の策定を進める方針。TransferJet Xに対応したSoC(System on Chip)については、高速近接無線技術研究組合*2)で開発中としている。

*2)組合員:ソニーセミコンダクタソリューションズ、日本無線

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.