ニュース
» 2017年06月12日 09時30分 UPDATE

Smart Sensing 2017:メッシュネットワーク技術をIoT向けに最適化

富士通エレクトロニクスは、「Smart Sensing 2017」で、IoT(モノのインターネット)向けメッシュネットワーク技術「WisReed(ウィズリード)」とその応用事例について、実演デモを交えて紹介した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

「ラストワンマイルネットワーク」に対応

 富士通エレクトロニクスは、「Smart Sensing 2017」(2017年6月7〜9日、東京ビッグサイト)で、IoT(モノのインターネット)向けメッシュネットワーク技術「WisReed(ウィズリード)」とその応用例について、実演デモを交えて紹介した。現場で収集したデータをクラウド側のサーバに伝送するための「ラストワンマイルネットワーク」と位置付ける。

 WisReedは、自動的にネットワーク網を構築することができる自律分散型のネットワーク技術。既に、関西電力がスマートメーターシステムに導入し、運用しているという。この技術をIoT向けに最適化した。

 用途に応じて3タイプを用意している。近距離通信向けBLE(Bluetooth Low Energy)メッシュネットワークタイプの「WisReed BLE」、1ゲートウェイ当たり最大300台の端末を接続できる小〜中規模ネットワークタイプの「WisReed 1.0」、1ゲートウェイ当たり最大1000台を収容する大規模ネットワークタイプの「WisReed 2.0」がある。

 例えば、WisReed BLEではスポーツや音楽イベントにおける演出のためのLED制御などを活用事例として挙げた。ブースでは、LEDが点灯する25個の立方体を並べて、通信経路を表示/確認するデモを行った。また、近接センサーで車両や荷物を確認し、事務所内にある管理システムにそのデータを無線で通信する物流管理の応用例も紹介した。「農業用途では、水田の水位モニターにWisReedが活用されている」(説明員)と話す。

WisReedの応用例として、ブースで行ったデモの模様

 WisReedは物理層に依存せず、BLEをはじめ特定小電力無線やWi-Fiなどさまざまな無線方式に対応することができる。しかも、ARMの「Cortex-M0」「Cortex-M3」クラスのCPUコアを搭載したマイコンで動作可能だという。電力消費も少なく、さまざまなIoT機器に適用することができる。

 同社は、WisReed通信モジュールや無線センサーネットワーク評価キットなども用意している。また、ライセンスの提供からカスタム開発、導入サポートおよび最適化サービスまで、一貫したサポート体制を整えている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.