ニュース
» 2017年06月28日 13時30分 UPDATE

消費電力、性能、価格を最適化:NXP、IoT機器向けに新ファミリーマイコン

NXP Semiconductorsは、消費電力が小さくコストパフォーマンスに優れた32ビットマイコン「LPC84x」ファミリーを発表した。同社は消費電力と性能、価格の面でバランスのとれたマイコンと位置付ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

高い電力効率やコスト効率を実現

 NXP Semiconductorsは2017年6月、消費電力が小さくコストパフォーマンスに優れた32ビットマイコン「LPC84x」ファミリーを発表した。IoT機器などの用途に向ける。

 LPC84xファミリーは、動作周波数30MHzのARM Cortex-M0+コアを搭載した「LPC800」シリーズの新製品となる。消費電力と性能、価格の面でバランスのとれたマイコンを目指して開発した。既存の8ビット、16ビットマイコンに比べると、性能は10倍、プログラムのコードサイズは半分で済むという。

LPC84xファミリーの回路ブロックイメージ (クリックで拡大) 出典:NXP Semiconductors

 LPC84xファミリーは、高速アクセス初期設定メモリ(FAIM)により、電源立ち上げ時にクロック周波数が低いモードで起動させることができる。この機能によりスタートアップ時の消費電流を小さく抑えることが可能となった。入出力ポートは設定した構成で即時に起動させることができる。

 また、LPC845は容量式タッチセンシング機能を追加することができる。この機能は「スリープ」あるいは「ディープスリープ」のモードで動作させることができるため、消費電力の節減につながる。しかも、最大9個の容量式ボタンに対応できることから、スライダーや回転、ボタンマトリックスなど、異なるセンサーを構成することが可能だという。

 さらに、ソフトウェアライブラリーなどによって、自動キャリブレーション機能を追加することができる。これによってノイズが多く湿度の高い動作環境でも、高い性能、検出精度を実現することができる。

 LPC84xファミリーはこの他、64kバイトのフラッシュメモリや16kバイトのSRAM、12ビットA-Dコンバーター、デュアル10ビットD-Aコンバーター、32ビットSCTimer(ステートコンフィギュアブルタイマー)、PWM、最新のDMA、自動シリアルインタフェース、I/Oスイッチマトリックスなどの機能を内蔵している。

 パッケージは「LQFP64」「LQFP48」「HVQFN48」「HVQFN33」を用意した。2017年第3四半期(7〜9月)より、LPCXpresso845-MAX開発ボード「OM13097」やソフトウェアパッケージも供給を始める予定である。

LPCXpresso845-MAX開発ボード「OM13097」の外観

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.