特集
» 2017年06月28日 09時30分 UPDATE

ハード以外は柔軟に対応も:「モジュールこそ成長の最大要因」、u-blox CEO (1/3)

u-blox(ユーブロックス)は、1998年に表面実装型のGPSレシーバーモジュールを発表して以降、GNSS(全地球型測位システム)、セルラー、近距離無線通信の分野向けに通信モジュールを20年にわたり提供してきた。同社のCEOであるThomas Seiler氏は、「モジュールで提供すること」こそu-bloxが成長を続けてきた理由であり、今後もその戦略が変わることはないと明言する。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

20周年を迎えたu-blox

 1997年に設立され、1998年に表面実装型GPSレシーバーを発表したスイスu-blox(ユーブロックス)は、2017年に創立20周年を迎えた。u-bloxの本社は、チューリッヒから電車で15分ほどの郊外、タルウィル(Thalwil)にある。

u-bloxの本社は、ハイテク企業のオフィスが幾つか集まっている一角にある。写真左の建物に、u-bloxの本社(オフィスとラボ)が入っている(クリックで拡大)
タルウィルは、チューリッヒ湖の沿岸に位置する静かな町だ。アルプス山脈を遠くに臨む、風光明媚(めいび)な土地である。写真は、タルウィルから見たチューリッヒ湖

 u-bloxの2016年度の売上高は3億6000万スイスフラン(約416億円)。2017年度の売上高は、4億1000万〜4億2500万スイスフランになると見込んでいる。市場ごとの売上高は産業分野が約6割、自動車分野が約3割、残りが民生分野となっている。地域別の売上高はアジア太平洋が最大で、全体の50%を占めている。顧客数は5700社で、65カ国に及ぶ。

u-bloxの市場別および地域別売上高(クリックで拡大) 出典:u-blox

 u-bloxの注力製品は、GNSS(全地球型測位システム)、セルラー、Wi-FiやBluetoothなどの近距離無線通信向けのモジュールだが、同社のCEOを務めるThomas Seiler氏は、「スマートフォン市場は、ほぼ飽和状態であり、頭打ちになっている状態」と述べ、スマートフォンを含むモバイル機器市場よりも、IoT(モノのインターネット)市場に焦点を合わせていくと強調した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.