ニュース
» 2017年06月29日 10時30分 UPDATE

プログラム開発をより効率的に:深層学習のコアライブラリー、ソニーが無償公開

ソニーは、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成するためのソフトウェアであるコアライブラリー「Neural Network Libraries」を無償で公開した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

Xperiaシリーズなどに搭載

 ソニーは2017年6月、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成するためのソフトウェアであるコアライブラリー「Neural Network Libraries」を無償で公開すると発表した。

「Neural Network Libraries」Webサイト

 ディープラーニングは、ニューラルネットワークを活用した機械学習の1つ。従来型の機械学習に比べて汎用性が高いという。このため、画像認識や音声認識に加え、機械翻訳やロボット制御など、その応用分野も広い。

 ディープラーニングのプログラム開発では、人間の脳を模倣したニューラルネットワークを設計しなければならない。今回、ソニーがオープンソース化したコアライブラリーは、こうしたプログラム開発における一連の工程を、効率よく行うためのソフトウェア(演算モジュール群)である。

 特長の1つは汎用的な実行環境であることだ。コアライブラリーのコアは、プログラミング言語「C++11」で記述されている。このため、LinuxやWindowsなどさまざまなOS、ハードウェアの環境で動作する。また、ディープラーニング開発で主流となっているプログラミング言語の「Python」を利用することができる。このため、開発者は少ないプログラミング量で直観的にニューラルネットワークの設計を行うことができるという。

 動的なニューラルネットワークなど、最新のディープラーニング手法にも柔軟に対応できる。新たな機能の追加や拡張も容易で、そのために必要な関数ブロックや最適化モジュールを簡易に追加することができる。

 コアライブラリーは、NVIDIA製GPUに対応しており、ニューラルネットワークの学習/実行を高速に行える。開発したプログラムの移植性にも優れ、スマートフォンやIoT機器向けに登場する新たなデバイスへの移植も容易だという。

 スマートフォン「Xperia」シリーズに搭載したカメラアプリARエフェクトやLifelogアプリ、不動産価格推定エンジンなどはコアライブラリーをベースに開発した。今回のオープンソース化によって、他社の開発者も無償で利用することが可能となった。同社では利用者の拡大とプログラムのさらなる進化を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.