ニュース
» 2017年07月11日 13時30分 UPDATE

キーサイトが新シリーズを発売:微小電流を測定できるDC電源、分解能は1μA

キーサイト・テクノロジーは、小型のDC電源「E36300Aシリーズ」を発売した。電源を供給しつつ、暗電流や待機電流などの微小電流を測定する機能を備えている。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

電源を供給しながら微小電流を測定

 キーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)は2017年6月16日、3チャンネル出力のDC電源「E36300Aシリーズ(以下、E36300A)」を発売した*)。E36300Aは、電源を供給しながら、暗電流、待機電流を測定できることが特長だ。電流測定機能は、分解能が1μAで、電流の確度は0.25%+80μAである。

*)関連記事(EDN Japan):「1μA分解能電流測定機能を搭載した3出力DC電源

 E36300Aには、出力電力が80Wの「E36311A」「E36312A」、160Wの「E36313A」の3機種がある。この3つのうち、E36311Aには電流測定機能は搭載されていない。本体価格は、E36311Aが14万1579円、E36312Aが17万8102円、E36313Aが21万5820円。

E36300Aのラインアップ。一番上に書かれた「E36311A」は、DC電源のみのシンプルな機種で、電流測定機能は搭載されていない(クリックで拡大) 出典:キーサイト・テクノロジー

 キーサイトによると、機器開発の現場では、できるだけ消費電力を抑えたデバイスを開発したいという考えから、電源を供給しつつ、微小なリーク電流や、デバイスに流れている電流を測定したいというニーズが増えているという。

 これを受け、キーサイトは、電流測定機能を搭載したDC電源「N6700シリーズ」を2010年ごろから提供してきた。なお、キーサイトはN6700シリーズを「電源アナライザ」と呼んでいる。新製品のE36300Aは、N6700シリーズに搭載された電流測定機能の一部を備えたものだ。

 その機能とは、主に次の通りだ。まず、制御回路の電源を投入するタイミングを簡単に設定できる。「チャンネルごとに0.4秒遅れて立ち上げる」といったようなシーケンスを設定することが可能だ。チャンネルを自動で直列または並列にすることで、印加電圧および電流を拡張できる。例えば、2チャンネルと3チャンネルを直列にして電圧を2倍に、並列で電流2倍に設定できる。さらに、電圧と電流の変動を250ミリ秒刻みでモニタリングできるデータロガー機能がある。

「E36300Aシリーズ」の外観。写真の画面は、自動で並列に設定しているところ(クリックで拡大)

手間がかかる微小電流測定

 微小電流の測定は、手間がかかる上に問題点もある。例えばIoT(モノのインターネット)モジュールの微小電流を測定すると仮定すると、まず電圧測定用と電流測定用の2台のDMM(デジタルマルチメーター)が必要になる。これらを接続するのも手間がかかる。

電源を供給しながらの微小電流測定には、手間がかかる(クリックで拡大) 出典:キーサイト

 キーサイトは、「微小電流を測定できるN6700のようなDC電源が市場にあるということを、顧客が知らないことも多い。まずは、電流測定機能を持つ電源があるということを、広く知ってもらいたい」と強調した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.