ニュース
» 2017年07月27日 15時30分 UPDATE

事業部の枠超え狙うパナソニック:IoTデータを横展開、新サービスの開発を加速へ (2/2)

[辻村祐揮,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

“ヨコパナ”初のプロジェクト「HomeX」

 “ヨコパナ”でIoTサービスのイノベーションを量産する最初のプロジェクトとして、パナソニックはビジネスイノベーション本部の主導のもと、未来の住空間環境サービスの企画開発を遂行するプロジェクト「HomeX」を米国シリコンバレーで発足した。同プロジェクトについて公表するのは、今回のセミナーが初めてである。

シリコンバレーで発足したHomeXのイメージ 出典:パナソニック(クリックで拡大)

 同プロジェクトでは、宅内のビエラで受信中のテレビ番組をスマートフォンなどで宅外から視聴できる「VIERA TV Anywhere」、照明の明かりやエアコンの空調で心地よい目覚めをサポートする「おやすみナビアプリ」など、住宅関連IoTサービスで蓄えたログデータを“ヨコパナ”でつなぎ、新サービスの企画開発に生かす。

VIERA TV Anywhereのイメージ 出典:パナソニック(クリックで拡大)

 これまでパナソニックが展開してきた住空間関連のIoTサービスは9種あり、それらから75億件の住空間IoTログデータが既に集まっている。馬場氏は、「HomeXでは、ログデータを横に結び付け、いったんゼロベースで解析することで、ユーザーエクスペリエンス、ソフトウェアプラットフォーム、ハードウェアを再設計し、新しい住空間環境を提供していく」と語った。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.