ニュース
» 2017年08月01日 11時00分 UPDATE

本社VPも兼務:マキシム・ジャパン社長に山崎眞一郎氏が就任

2017年8月1日、Maxim Integrated Productsの日本法人であるマキシム・ジャパンの社長に山崎眞一郎氏が就任した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

インフィニオン 事業本部長などを経験

 Maxim Integrated Products(以下、Maxim)の日本法人であるマキシム・ジャパンは2017年8月1日、代表取締役社長に山崎眞一郎氏が就任したと発表した。山崎氏は、本社バイス・プレジデントも兼務する。マキシム・ジャパンの社長は、2009年から滝口修氏が務めていたが、2017年3月にオン・セミコンダクターに移籍していた。

山崎眞一郎氏
写真提供:マキシム・ジャパン

 新社長に就任した山崎氏は、テキサス・インスツルメンツで27年間勤務し、ASIC製品のマーケティング、設計、開発のマネジメントなどを務めた後、インフィニオン テクノロジーズでインダストリアルパワーコントロール事業本部長や、インターナショナル・レクティファイアーのセールスディレクターなど経験。このほど、Maximに入社した。

 山崎氏はマキシム・ジャパン社長就任にあたり、「大変名誉なこと。これまでの経験を生かし、アナログ半導体業界でMaximの存在感を高めていく。Maximは、ニーズに対応した高集積、高性能アナログ半導体をこれからも提供し続けていく」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.