ニュース
» 2017年08月02日 13時30分 UPDATE

WD、同社最新のSSDを日本で発売:最大120万IOPSのランダム読み取り性能を持つSSD

最大120万IOPSのランダム読み取り性能を発揮するソリッドステートドライブ(SSD)を、2017年8月から国内企業向けに展開するとWesternDigital(ウエスタンデジタル/以下、WD)が発表した。このランダム読み取り性能は従来品の2倍以上という。

[辻村祐揮,EE Times Japan]

四日市工場で生産したNAND型フラッシュメモリを搭載

 WesternDigital(ウエスタンデジタル/以下、WD)は2017年8月1日、NVM Express(NVMe)に準拠したPCI Express(PCIe)接続型ソリッドステートドライブ(SSD)「HGST Ultrastar SN200」シリーズと、12Gビット/秒のSAS接続型SSD「HGST Ultrastar SS200」の出荷を国内企業向けに開始した。

 HGST Ultrastar SN200シリーズは、四日市工場で生産したNAND型フラッシュメモリやアプリケーション高速化技術を搭載したSSDだ。そのため、従来品の2倍以上となる最大120万IOPSのランダム読み取り性能を発揮できる。読み書き混合(70%/30%)性能は最大58万IOPSとなる。

 WDによると、HGST Ultrastar SN200シリーズは仮想化基盤、データベース、クラウド環境などのデータ集約型アプリケーションやワークロードの高速化に最適だという。

 同シリーズはPCIe Gen3やNVMe1.2に対応。PCIeアドインカード(AIC)の「HGST Ultrastar SN260」と、2.5インチスモールフォームファクター(SFF)の「HGST Ultrastar SN200」の2製品がある。容量は800Gバイトから、従来品の2倍となる最大7.68Tバイトまで用意されている。

HGST Ultrastar SN200 出典:WesternDigital(クリックで拡大)

 一方、HGST Ultrastar SS200は、2.5インチSFFで提供されるSAS接続型SSDだ。容量は400Gバイトから7.68Tバイトまであり、最大読み出しスループットは1800Mビット/秒。ランダム読み出しでは最大25万IOPS(4KiB)、シーケンシャル書き込みでは最大1000Mビット/秒となる。

 WDはHGSTブランドの法人向け製品を扱う販売代理店を通じて、HGST Ultrastar SN200シリーズとHGST Ultrastar SS200を提供するという。販売先としては、データセンター、クラウドサービスプロバイダー、エンドユーザー企業などを想定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.