ニュース
» 2017年08月17日 13時30分 UPDATE

現行製品の全機能を引き継ぐ:従来比2倍に高速化、マイクロチップのデバッガー

Microchip Technologyは、PICマイクロコントローラーやdsPICデジタルシグナルコントローラー向けのインサーキットプログラマー/デバッガー「MPLAB ICD 4」の販売を始めた。プロセッサ性能とRAM容量を強化した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

プロセッサ性能とRAM容量を強化

 Microchip Technology(マイクロチップ・テクノロジー)は2017年8月、PICマイクロコントローラーやdsPICデジタルシグナルコントローラー向けのインサーキットプログラマー/デバッガー「MPLAB ICD 4(DV164045)」の販売を始めた。現行製品に比べて、プロセッサ性能とRAM容量を強化した。

MPLAB ICD 4の外観

 MPLAB ICD 4は、現行の「MPLAB ICD 3」でサポートしている全ての機能を備えている。その上で、動作周波数が300MHzの32ビットマイクロコントローラーを採用した。また、容量が2Mバイトのバッファメモリを搭載している。これにより、ICD 3に比べると処理性能は最大2倍になったという。筐体は丸型とし外部からの衝撃などに対する耐性を高めた。

 この他、ターゲットへの供給電圧レンジを1.20〜5.5Vに拡大、外付け電源を使用することで1Aまで供給できる。ターゲットインタフェースに対してプルアップ、プルダウンの選択が行え、プログラミングやデバッグ作業を最適化するインタフェースの速度設定が可能、といった特長を持つ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.