ニュース
» 2017年08月18日 09時30分 UPDATE

ソニーが一般公開:GUIでニューラルネットワークが設計できる無償ツール

ソニーは2017年8月17日、ソニーグループ内で活用してきたディープラーニング(深層学習)プログラムの開発ツール「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」を一般公開した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

「30倍程度、効率化できる」

 ソニーは2017年8月17日、ディープラーニング(深層学習)プログラムをグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)ベースで作成できる開発ツール「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」(以下、Neural Network Console)の無償提供を開始した。同ツールを使用すれば、これまでのコーディングベースでの開発手法に比べ「ディープラーニングプログラム開発を30倍程度、効率化できる」(同社)という。

 ソニーが無償公開したNeural Network Consoleは、2015年からソニーグループ内で運用されてきたディープラーニングプログラム生成用開発ツールであり、「開発ノウハウを機能として凝縮した」(ソニー R&Dプラットフォーム システム研究開発本部 AIコア技術開発部 シニアMachineラーニングリサーチャー 小林由幸氏)。最大の特長は、GUIを使用しクリック操作でニューラルネットワークの設計を完結できる点にある。「GUIでニューラルネットワークをデザインできるツールは、Neural Network Consoleが唯一」という。

Neural Network ConsoleのGUI例。関数ブロックをマウス操作で組み合わせることでニューラルネットワークを構築できる他、一部パラメーターも自動で最適化できる (クリックで拡大) 出典:ソニー

 64ビット版Windows 8.1、Windows 10に対応するアプリケーションソフトウェアとして提供される。対応するデータは、画像だけでなく、音声や行列、センサーデータなど多様なデータ形式。関数ブロックをマウス操作で組み合わせることで、ニューラルネットワークを構築できる。また、構造自動探索機能と呼ぶ、面倒なパラメーターの調整の一部を自動で最適化する機能なども備える。「最終的なパラメーター調整を行える機能で、精度を高めたり、計算量を小さくしたりといった目的に応じて最適化する」(小林氏)

C++ APIも

 ソニーは2017年6月に、ディープラーニング開発用コアライブラリ「Neural Network Libraries」をオープンソース化(関連記事:深層学習のコアライブラリー、ソニーが無償公開)。Neural Network Consoleは、このNeural Network LibrariesをGUI操作できるコンソールソフトウェアという位置付けになる。Neural Network Librariesは、6月のオープンソース化後も機能追加を実施し、Python 2に加え、Python 3によるプログラミングに対応した他、C++ APIも新たに用意。C++ APIは、Neural Network Consoleでも利用でき、「学習済みモデルを、さまざまなデバイスに実装しやすい環境が整った」とする。また、NVIDIAの「CUDA」など特定のデバイス環境に最適化したコードを生成するプラグインなども提供している。

Neural Network Consoleのターゲットユーザー (クリックで拡大) 出典:ソニー

 Neural Network Consoleの無償提供に至った理由として小林氏は、「ディープラーニングの開発者への貢献、ひいては社会貢献が目的。ディープラーニングの応用範囲は広く、ソニーだけではカバーしきれない。オープンソースとして提供することで、ディープラーニングの応用範囲が広がればよい」とする。

 Neural Network Consoleは、ソニーグループで約800人が使用し、既にNeural Network Consoleで開発した学習済みモデルなどを搭載した製品を複数、商品化している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.