ニュース
» 2017年08月23日 10時30分 UPDATE

応用範囲の拡大で需要が増加:2017Q2のDRAM世界売上高、過去最高の165億ドルに

2017年第2四半期(4〜6月期)のDRAM世界売上高が、過去最高の165億米ドル以上となった。DRAMeXchangeの予測によると、DRAMの販売価格は2017年の残りの期間、引き続き上昇し続けるという。

[Dylan McGrath,EE Times]

前期比17%成長

 2017年第2四半期(4〜6月期)のDRAM世界売上高は、DRAMの供給不足がやや和らいだにもかかわらず、過去最高となる165億米ドル以上に達した。

 メモリ市場調査会社のDRAMeXchangeによると、2017年4〜6月期におけるDRAMの供給不足は、2017年1〜3月期ほど深刻ではなかった。下流の機器メーカーは徐々にだが、DRAMの在庫を積み増すことができているという。

 それでも、2017年4〜6月期のDRAM売上高は前期比17%近く成長し、PCやサーバ向けDRAMの平均販売価格(ASP)は前期比10%以上拡大した。モバイルDRAM製品のASPは前期比5%以下の増加にとどまったが、それは主に中国のスマートフォンブランドの多くが年間出荷目標を引き下げたためだという。

2017年第2四半期におけるDRAMメーカーの売上高ランキング(単位:米ドル)
順位 社名 2017年4〜6月
売上高
2017年1〜3月
売上高
成長率
(前期比)
2017年4〜6月
市場シェア
2017年1〜3月
市場シェア
1 Samsung Electronics 76億3300万 63億2300万 20.7% 46.2% 44.8%
2 SK Hynix 45億100万 40億4700万 11.2% 27.3% 28.7%
3 Micron Group 35億5900万 29億6000万 20.2% 21.6% 21%
4 Nanya 4億1700万 3億9400万 5.9% 2.5% 2.8%
5 Winbond 1億6300万 1億5700万 3.7% 1% 1.1%
6 Powerchip 1億700万 1億1000万 ▼2.5% 0.6% 0.8%
その他 1億3300万 1億3400万 ▼0.4% 0.8% 0.9%
合計 165億1400万 141億2600万 16.9% 100% 100%
出典:DRAMeXchange

 DRAMeXchangeのリサーチマネージャーであるAvril Wu氏は記者発表文の中で、「DRAM市場はASPの上振れと、サプライヤーの“技術移行”の継続的な進展から恩恵を受けた」と説明した。加えて、「2017年中に生産能力を大幅に拡大する計画のあるサプライヤーはいないようだ」とも述べた。

 DRAMの世界市場は、その供給不足と相まって、応用範囲の拡大に基づく需要増により、転機の年を迎えている。市場調査会社のIC Insightsは、2017年のDRAM売上高が前年比55%増という目を見張る成長を遂げ、半導体市場全体の売上高を前年比16%も増加させると予測する。

 DRAMeXchangeによると、大手スマートフォンメーカーの最新フラグシップモデル、例えばAppleの次期「iPhone」などのリリースが、2017年7〜9月期に新たなモバイル需要の波を引き起こすと予想されているという。同社は、2017年の残りの期間、DRAMの販売価格は上昇軌道に乗り続けると見ている。

【翻訳、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.