ニュース
» 2017年08月29日 13時30分 公開

設備投資額は24億円:信越化学、米国でシリコーンの生産能力増強

信越化学工業は、米国子会社でシリコーンの生産能力を増強する。オハイオ州にある工場に24億円を投資し、生産設備を導入する。【訂正】

[馬本隆綱,EE Times Japan]

シリコーンエマルジョンの生産設備も新設

SESAアクロン工場の外観

 信越化学工業は2017年8月28日、米国子会社でシリコーンの生産能力を増強すると発表した。オハイオ州にある工場に24億円を投資し、生産設備を導入する。増強工事は2019年半ばに完成する予定。

 今回、生産能力を増強するのは、米国でシリコーンの製造と販売を行う子会社「シンエツ・シリコーンズ・オブ・アメリカ(SESA)」のアクロン工場。この工場では現在、成形用シリコーンゴムや接着および、シール用液状シリコーンゴム、化粧品用シリコーン、自動車や電子部品用の放熱シリコーンなどの製品を生産している。

 今回の設備投資によって、これら製品の生産能力を増強するとともに、シリコーンエマルジョンの生産設備を新設する計画である。

 SESAは、信越化学工業のシリコーン事業における北米の拠点となっている。北米内には今回設備投資を決めたアクロン工場の他、テキサス州のフリーポート工場で機能性シランを製造している。また、2015年にはニュージャージー州にテクニカルセンターを開設するなど、北米市場でのシリコーン事業を強化している。

 信越化学工業はシリコーン事業において、今回の設備投資も含めて、直近の4年間で累計650億円の投資を行ってきた。主な案件としては、タイや日本の工場における生産能力増強、群馬のシリコーン電子材料技術研究所の新棟建設などがある。

【訂正:2017年8月30日11時20分 初出では「シリコーン」を全て「シリコン」と表記していました。正しくは「シリコーン」です。訂正してお詫び致します。】

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.