ニュース
» 2017年09月06日 13時30分 公開

ウェアラブル/ヘルスケア向け:村田製作所、アンテナ内蔵小型RAIN RFIDタグ量産

村田製作所は、アンテナを内蔵した小型RAIN RFIDタグ「LXMSJZNCMF-198」を商品化した。ウェアラブル機器やヘルスケア機器などの用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ISO18000-63/EPC Global Gen2v2に準拠

小型RAIN RFIDタグ「LXMSJZNCMF-198」の外観

 村田製作所は、アンテナを内蔵した小型RAIN RFIDタグ「LXMSJZNCMF-198」の量産を2017年8月より始めた。ウェアラブル機器やヘルスケア機器などの用途に向ける。

 RAIN仕様のRFIDタグは、在庫管理や商品トレーサビリティなどの用途で需要が拡大しているという。新製品は多層セラミック基板技術を用いて、Impinj製タグIC「Monza R6」とアンテナをワンパッケージに集積している。これにより、外形寸法を業界最小クラスの1.25×1.25×0.55mmに抑えた。

 新製品は、UHF帯RFIDのエアーインタフェースプロトコル規格であるISO18000-63/EPC Global Gen2v2に準拠している。865M〜928MHzのUHF帯に対応し、出力200mWのリーダーライターを用いた場合の最大読み取り距離は10mmである。

 同社は、従来の商品識別などの用途に加え、眼鏡や時計などのウェアラブル機器、手術器具や検体チューブといったヘルスケア/バイオ機器への適用など、新たな埋め込み用途の拡大を狙う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.