CEATEC JAPAN 2017
ニュース
» 2017年09月06日 12時00分 公開

CEATEC 2017 開催直前情報:60V入力2.5V出力の電源ICなどを展示、ローム

ロームは2017年10月3〜6日に開催される「CEATEC JAPAN 2017」(千葉・幕張メッセ)で、「Creating YOUR IoT with OUR SEMICONDUCTORS」というテーマの下、自動車や産業機器向けに、同社の最先端技術を使ったセンサーや低消費電力デバイスを展示する。

[EE Times Japan]

「CPS/IoTの展示会」としては2度目の開催

 2017年10月3〜6日の4日間、「CEATEC JAPAN 2017(シーテック ジャパン/以下、CEATEC 2017)」が、千葉・幕張メッセで開催される。2016年から、これまでの「最先端ITとエレクトロニクスの総合展」というテーマを改め、「CPS(サイバーフィジカルシステム)/IoT(モノのインターネット)の展示会」として開催されている。

 CEATEC 2017の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパンの4メディアではCEATEC 2017の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントレポートを多数紹介していく→4メディア合同「CEATEC JAPAN 2017特集」

 本稿では、ロームの出展内容について紹介する。

デバイスレベルで小型化と低消費電力化が必要に

 CEATEC 2017でのロームのテーマは、「Creating YOUR IoT with OUR SEMICONDUCTORS」だ。IoTというキーワードが登場すると同時に、これまで想像もしなかった新しいモノやコト、サービスが、数多く生まれてくる時代になっている。ロームは、そのIoTを実現する上で技術革新のカギを握るのが、デバイスレベルでの小型化と低消費電力化、そして、アイデアを創出するためのオープンイノベーション活動だと考えている。

 今回のCEATECでは、特長あるセンサーデバイスや超低消費電力の無線通信デバイスなどによって、モノづくりの可能性を広げ、IoT社会の創造に貢献する最先端の半導体ソリューションを数多く展示する。

ロームのブースのイメージ 出典:ローム(クリックで拡大)

 ロームは今回、サブテーマとして「ROHM’s Technology」「ROHM's Playground」の2つを掲げている。

 「ROHM’s Technology」では、ロームが注力する自動車や産業機器向けに、同社の最先端技術を幅広く紹介する。自動車市場には、ロームの最新トピックス「業界最高クラスの降圧比を実現した48Vバッテリーシステム向け電源IC」「ノイズ設計フリーにする業界最高クラスのEMI耐量オペアンプ」が登場。また、近い将来実用化が期待される車載ソリューションを搭載した「コックピット型車載デモ」も2016年から進化している。

 産業機器市場向けの展示としては、後付け可能なセンサーや無線デバイスによって、工場設備の故障を未然に検出することができる「マシンヘルスモニタリングデモ」を中心に、新しく「マットセンサー」や「キャスターセンサー」も登場するなど、さまざまなシチュエーションに対する即戦力のIoTソリューションを見ることができる。

「CEATEC JAPAN 2016」でのマシンヘルスモニタリングのデモの様子 出典:ローム(クリックで拡大)

 「ROHM's Playground」では、ロームの最新デバイスを活用して、モノづくりに携わるエンジニアやクリエイターの“遊びゴコロ”あふれるアイデアをカタチにしたデモを実施する。2017年で2回目の開催となったアイデアコンテスト「ROHM OPEN HACK CHALLENGE」の優秀作品も見ることができる。同アイデアコンテストは2016年に第1回を開催した際、非常に大きな反響があったという。

 ロームの注力分野の1つである自動車市場では、好調な生産に加えEV(電気自動車)やADAS(先進運転支援システム)などの技術開発が本格化し、新たな半導体需要が生まれている。ロームは、「自動車の電子化が進む中で、重要になるのは「品質」と「精度(精密さ)」だと考えている」とコメントする。「より一層、品質、精度にこだわった生産体制の確立を進めるとともに、SiCなどのパワーデバイスからアナログIC、センサーなど、デバイス技術のブレークスルーを行い、自動車の技術革新をサポートしていきたい」(ローム)

 一方で、市場拡大が期待されるIoT市場では、低消費かつ高精度のセンサーや無線通信デバイスが求められている。これまでロームは、モノづくりに携わる人々のアイデア創出をサポートするべく、簡単に利用可能な開発キットを提供するオープンイノベーション活動を実施してきた。同社は、「この活動が、より多くのエンジニアやクリエイターの方々のアイデア創出のキッカケとなり、新しい価値創出に貢献できればと考えている」と語った。

CEATEC JAPAN 2017(CEATEC 2017)

会期 2017年10月3日(火)〜6日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
ローム ブースNo.:D90
CEATEC JAPAN 2017特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.