特集
» 2017年09月07日 11時30分 公開

STMがNXPに取って代わる?:次期iPhone、NFCチップで“番狂わせ”はあるのか (3/3)

[Junko Yoshida,EE Times]
前のページへ 1|2|3       

圧倒的な強さを誇るNXP

 NFC市場は、2つのカテゴリーに分けられる。NFCコントローラー市場と、NFC向けSE市場だ。ABI ResearchのSealy氏によれば、NXPはその両方でシェアトップになっている。NFCコントローラー市場でのNXPのシェアは50%以上、組み込みSE(eSE)市場では70%以上だという。

 STMのNFCソリューションは、NFCコントローラー、セキュアMCU、eSE、組み込みSIM(eSIM)から構成される。さらに、STMが、SiP(System in Package)のNFCチップ「ST54F」「ST54H」を提供していることに注目したい。これら2製品は、NFCコントローラーとeSIMを搭載している。

STMのNFC製品の一例 出典:STM(クリックで拡大)

 NFC市場に長らく君臨しているNXPではあるが、ライバルは次々と参入してきている。P.A. ID StrategiesのDevlin氏は、STMの他にもInfineon Technologies、Broadcom、Samsung Electronicsを挙げる。「かつて、BroadcomはSamsungの『Galaxy』端末にNFC製品を提供していた。しかし、NXPが急速に成長し、Samsungも自社でNFCチップを開発するようになったため、Broadcomはシェアを失った」(同氏)

 果たして、STMのチップはiPhoneに採用されているのだろうか?

 Devlin氏は、そのようには考えていないようだ。「NXPのNFCチップの設計プロセスはこなれており、そう簡単にはサプライヤーを変えられないだろう」(同氏)。SAR Insight & ConsultingのCooney氏も、同様の見解だ。Tirias ResearchのMcGregor氏も同様の意見だが、「サプライヤーに関しては、Appleは傲慢なことで知られている。Appleに歯向かうサプライヤーを好まない」と付け加えた。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.