CEATEC JAPAN 2017
ニュース
» 2017年09月13日 13時30分 公開

自律移動ロボット向け:スキャン範囲と解像度を変えられる3次元ライダー

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、3次元距離センサー「3D LiDAR(ライダー)」を開発した。利用シーンに応じて、スキャン範囲と解像度を変更することができる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

垂直方向60度、水平方向270度のスキャンを可能に

3次元距離センサー「3D LiDAR(ライダー)」の外観

 パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は2017年9月、3次元距離センサー「3D LiDAR(ライダー)」を開発したと発表した。施設内や屋外で自律移動するロボットなどの用途に向ける。

 同社が開発した3D LiDARは、独自構造のレーザースキャン技術を採用し、垂直方向に60度、水平方向に270度の範囲でスキャンを可能とした。これにより、他のセンサーと組み合わせることなく、単一センサーで広い範囲を3次元距離計測することが可能となる。外形寸法は高さ130×幅120×奥行き140mmである。

レーザースキャン技術の概要 出典:パナソニック

 同社が応用を想定している自律移動ロボットは、走行環境などによって障害物検知に必要となる範囲が異なる。例えば、人が行き交うような場所では、路面の凹凸も含めてより広範囲の状況を検知しつつ、障害物などの形状把握も必要となることが多いという。

 開発した3D LiDARは、垂直方向のスキャン範囲を0〜60度で可変でき、垂直解像度は1.5度、3.0度、7.5度の3種類から選択できるなど、利用シーンに応じた設定が行えるようにした。これによって、ロボットを安定かつ効率的に走行させることができる。検出距離範囲は0.5〜50mである。

3D LiDARの応用例。利用シーンに応じて垂直方向のスキャン範囲と解像度が設定できる 出典:パナソニック

 屋外の日照環境下でロボットを走行させる場合においても、出射レーザー光と物体に反射して戻った光の光路を同一になるように設計した。これにより、太陽光によるノイズ発生を低減しており、10万ルクスという太陽光下の照度であっても、高い精度で計測することができるという。

日照環境下での測定結果 出典:パナソニック

 パナソニックは、自動搬送機や宅配ロボットなどの自律移動ロボット、フォークリフト、農業機械、建設機械、セキュリティシステムなどの用途に向け、2018年1月より3D LiDARのサンプル出荷を始める予定である。「CEATEC JAPAN 2017」(2017年10月3〜6日、千葉・幕張メッセ)にも出展する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.