ニュース
» 2017年09月14日 17時00分 公開

トランプ大統領が大統領令を発表:投資ファンドによるLattice買収が破談に

未公開株式投資ファンドCanyon Bridge Capital Partnersによる米Lattice Semiconductorの買収は、トランプ大統領が発令した大統領令を受けて破談になった。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

勧告を受け、大統領を発令

 米Lattice Semiconductor(ラティス・セミコンダクター、以下Lattice)は2017年9月13日(現地時間)、未公開株式投資ファンドCanyon Bridge Capital Partners(以下、Canyon Bridge)によるLatticeの買収は、トランプ大統領が発令した大統領令を受けて、破談になったと発表した。

 Canyon Bridgeが中国政府から資金提供を受けていることが明らかになったことから、米国の外国投資委員会(CFIUS)は、国家安全保障上の懸念から、Canyon BridgeによるLatticeの買収を中止あるいは禁止するよう、トランプ大統領に勧告していた(関連記事:投資ファンドによるLattice買収、破談が濃厚に)。今回の大統領令は、それを受けて発令されたものとなっている。

 LatticeのCEOを務めるDarin G. Billerbeck氏はプレスリリースで、「Canyon Bridgeとの取引きは、当社の株主や顧客、従業員、そして米国にとっても最大の関心事だった。破談は残念だが、われわれは、交渉していた期間におけるCanyon Bridgeのサポートを感謝している」とコメントした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.