ニュース
» 2017年09月19日 09時30分 公開

東京電機大学が導入:人の数を高精度に検知するサーモパイル型センサー

東京電機大学(TDU)は、東京千住キャンパスの新校舎に、オムロンと日建建設が共同開発した「サーモパイル型人感センサー」を導入した。人の数などを高い精度で検出できるため、教室などで快適性と省エネを両立することができる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

人数に応じて部屋の温度や明るさを最適に制御

 オムロンは2017年9月12日、日建建設と共同で「サーモパイル型人感センサー」を開発したと発表した。両社は開発したセンサーを東京電機大学(TDU)の東京千住キャンパス新校舎5号館に約1000台納入した。

 サーモパイル型人感センサーは、MEMS非接触温度センサーを内蔵し、人が放射する温度や部屋の照度を検出、測定することができる。検出範囲は3.6×3.6mで、これを16分割したエリアごとに、人が存在するかどうかを検知することも可能だ。また、256画素の温度データから熱源を捉えることができる。人の特徴点を見極めるためのアルゴリズムを搭載したことで、その熱源が人かOA機器かを判別することが可能で、人数も高い精度で把握できるという。

 同センサーを導入すると、建屋内で省エネと快適性を両立することができる。例えば、事務所や教室内の温度や明るさを、部屋にいる人数に応じて最適な状態に制御できる。在室者の位置と人数を確認できるので、防災などにも貢献するだろう。さらに、人の影響を取り除いた床の放射温度を検出することも可能で、快適性をさらに高める高度な空調制御が行えるという。

左はサーモパイル型人感センサーの主な仕様と応用例、右はその外観 出典:オムロン

 サーモパイル型人感センサーは、設置高さが2.7〜3.0m、電源電圧はDC12〜24V、外形寸法は直径120mmで長さ65mmである。通信インタフェースはRS-485とModbus-RTUに対応している。

 TDUは、「理工系大学でトップクラスの省CO2キャンパス」を目指し、省エネ活動に取り組んでいる。新校舎でも、さらなる省エネの実現に向けて、サーモパイル型人感センサーの導入を決めた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.