ニュース
» 2017年10月12日 13時30分 公開

PSI5搭載の位置センサーも発表:センシング技術で日本市場に切り込む、amsが会見 (2/2)

[松本貴志,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

M&Aも積極的、過去2年間で6社を買収

 センサー技術の強化を図るべく、M&Aも積極的に行っている。2015年7月からの2年間で6社を買収した。光センサー領域を例に取り、「もともとamsの強みであった光センサーに加え、光路やパッケージングに強みがあるHeptagonの買収、VCSELなどの光源に強みがあるPrinceton Optronicsの買収によって、あらゆる光センシングソリューションに対応できる」とEverke氏は語り、同社が持つセンサー技術を機動的なM&Aによってカバーし、顧客が求めるバリューチェーン全体を一気通貫で提供可能となったとする。

光センサーソリューションでの買収効果の説明 (クリックで拡大) 出典:ams

 日本市場について、Everke氏は「電気自動車、自動運転というメガトレンドに加え、大手自動車メーカーが多数存在する日本市場は大きなチャンスであり、当社のソリューションを提案したい」と述べ、期待感を示した。

PSI5を搭載した車載グレードの磁気位置センサー

 記者発表に併せて、非接触型回転式磁気位置センサー「AS5172A」「AS5172B」も発表した。このセンサーはISO 26262とAEC-Q100に準拠した車載グレード製品であり、インタフェースにPSI5を採用したことによるハーネス数の削減が特長となる。

車載グレードのポジションセンサー「AS5172A/B」の概要 (クリックで拡大) 出典:ams

 現在、量産中であり即時に入手が可能。ブレーキ、アクセルペダルの位置センシングや車体のライドハイトセンサーなど自動車用リモート位置センシングの多くに適合し、特に電気自動車での採用を見込む。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.