連載
» 2017年10月23日 11時30分 公開

世界を「数字」で回してみよう(44) 働き方改革(3):誰も知らない「生産性向上」の正体 〜“人間抜き”でも経済は成長? (7/10)

[江端智一,EE Times Japan]

バブル期を延々と繰り返さなければならない?

 さて、ここからは「わが国の経済成長率"平均2%"を維持して、35年で2倍、豊かな社会を作る方法」についてシミュレーションをしてみました。

 2017年より後は、江端自作の人口シミュレーターを使って、人口の増加率(減少率)を計算しました。私のシミュレーションは、2038年に人口増加率−1.0%を突破することを示しています。さらに2100年までには、100人に1.16人の人口が減少し続け、その後も悪化し続けていきます。

 つまり、経済成長率平均2.0%を目指しているところに、既に、人口増加率"−1.0%"というハンディが入ってきますので、"生産性"と"工夫"で、なんとか"3%"程度を引っ張り出してこなければならないことになります。

 しかし、これは絶望的に難しいのです。

 というのは、1980年以後、人口増加率を差し引いて、3%を超えていたのは、バブル期だけです。(あの日本中が踊り狂った)バブル期を、これからコンスタントに続けていくというのは、――「ジュリアナ東京」のお立ち台で、ボディコンのお姉さんたちのように、毎日、狂ったように踊り続けなければならないかのような絶望感です。

 さて、私は今、EE Times Japanでもう1つ枠を頂いて、AI(人工知能)についての連載を執筆しています(「Over the AI ――AIの向こう側に」)が、今回のコラムの執筆で、なぜ政府や企業が狂ったように「AI、AI」と連呼しているのか、ようやく理解できたような気がしています。

 それは、私たちは、今や、あの得体のしれない"AI"なるものにすがりつくしか、打つ手がない ―― ということです(もう1つの連載もぜひ読んでください)。

AIは「生産率の向上」と「工夫」ができるのか?

 では、このコラムの最後に、AIを含めた経済成長率の可能性について検討をしてみます。

 1点目は、「AIは『生産性』を上げてくれるか?」です。

 AIは、確かにうまく動かすことができれば、生産性の改善(のアドバイス)をしてくれることはあるでしょう。しかし、それでも設備や人材の投下がなければ、その効果には限界があります。AIと言えども、設備だけ準備されても、その設備を運用する人間がいない限り、何もできません。「ない袖は振れない」のです。

 2点目は、「AIは『工夫』をしてくれるか?」です。

 AIは、上記の条件をパスすることができるのであれば、効率化などの最適化はできるかもしれません(ですが、それは簡単ではなく、大抵、エンジニアの膨大な時間の多大な労力の投入が必要です)が、工夫(イノベーション)を案出することは「絶対に」できません。

 AIがコンピュータプログラムを前提としている以上、プログラムに記載された範囲を超えた動作はできないからです((しつこいですが)詳しくは「Over the AI ――AIの向こう側に()」を絶対ご一読ください)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.