ニュース
» 2017年10月23日 10時30分 公開

17年市場規模は約130億米ドル:リチウムイオン電池主要4部材の需要予測 (1/2)

矢野経済研究所は2017年10月、リチウムイオン電池(LiB)の主要4部材(正極材、負極材、電解液/電解質、セパレーター)における世界市場(メーカー出荷金額)調査を行い、その結果を発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

車載用LiBセル向けが需要をけん引

 ―リチウムイオン電池(LiB)用主要4部材(=正極材、負極材、電解液/電解質、セパレーター)の2017年世界市場は、約130億米ドル規模に達する見込み。引き続き、車載用LiBセル向け部材の需要は拡大する。

 矢野経済研究所は2017年10月、リチウムイオン電池(LiB)の主要4部材における世界市場(メーカー出荷金額)調査を行い、その結果を発表した。これによると、2016年のLiB用4部材の世界市場は、前年比140.1%の98億7744万9000米ドルとなった。

 出荷数量は全ての部材で、車載用途を含む中大型LiBセル向けが、民生小型機器用LiBセル向けを上回った。部材によっては価格の上昇も見られ、市場の成長率は金額ベースが数量ベースを上回る形で推移しているという。

LiB主要4部材における世界市場の推移と予測の表 (クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所
LiB主要4部材における世界市場の推移と予測のグラフ 出典:矢野経済研究所

 2017年もLiB用主要4部材の市場は好調で、前年に比べて29.6%増の127億9956万3000米ドルを見込む。さらに、2020年の市場規模は、220億8815万7000米ドルと予測する。

中国部材メーカーの存在感高まる

 国別シェアでは、中国メーカーが存在感を強める。各部材における中国メーカーのシェアは正極材で67.7%、負極材で76.6%、電解液で75.0%と高く、セパレーターでも49.6%を占める。中国市場におけるxEV需要の高まりと、現地部材企業からの調達率向上がその背景にあるという。

 これに対し、供給先が自国のLiBセルメーカー向けを中心とする日韓の部材メーカーはシェアを低下させている。日本はセパレーターでシェアアップの動きがあるものの、それ以外は苦戦する。今後は欧州のxEV需要に期待する。韓国は現在、民生小型機器用LiBセル向けの供給比率が高い。今後は車載用LiBセル市場での需要獲得が成長のカギを握るとみている。

LiB用主要4部材の国別数量シェア推移 (クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所
LiB用主要4部材の日本数量シェア推移 出典:矢野経済研究所
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.