インタビュー
» 2017年10月25日 13時30分 公開

創業45年目のDigi-Key:130万個の在庫とサービスで新たな競合にも強気 (2/3)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

81カ国でWebサイトを展開

Digi-KeyのJim Ricciardelli氏

 Ricciardelli氏は、2つ目の強みとしてサービスを挙げる。「本社には150人のアプリケーションエンジニアが在籍していて、24時間7日間体制でサポートを行っている」(同氏)

 サポートと並んでDigi-Keyが力を入れているのが、Webサイトだ。81カ国で、10の言語でサイトを展開していて、2016年における同社Webサイトへのアクセス総数は約8655万回、ページビューは8億1200万ページに上る。さらにDigi-Keyは、「eewiki」というサイトも開設している。Digi-Keyのアプリケーションエンジニアによって運営されているもので、ユーザーが部品や設計などについての知識をシェアしたり、学んだりできる場になっているという。

Digi-KeyのWebサイトには、データシートやアプリケーションノートなどが豊富に用意されていると、Ricciardelli氏は語る 出典:Digi-Key(クリックで拡大)

日本の最初のパートナーはパナソニック

 Digi-Keyは、創業直後から日本市場に積極的に参入した。1976年にはパナソニックとパートナーシップを締結し、1981年には日本からの発注が始まっている。2002年には日本語のWebサイトを開設しているが、Digi-Keyにとって初めての英語以外のWebサイトとなった。2017年における日本での売上高は前年比で21%増になる見込みだ。

Digi-Keyは創業直後から、日本市場に積極的に参入してきた 出典:Digi-Key(クリックで拡大)

 2016年は、前年比約5%増となる18億米ドルの売上高を達成したDigi-Key。Ricciardelli氏は「われわれは、取り扱う製品数を積極的に増やしていく」と語り、中でも今後の売り上げをけん引する要因として、FA(Factory Automation)とIoT(モノのインターネット)の2つを挙げる。「この2つはどちらもエレクトロニクス業界の大きなトレンドだ。FAについては、2017年だけで、18社のサプライヤーと新たに取引を開始した。IoTについても、センサーやプロセッサ、コネクティビティなどの主要サプライヤーの製品を取りそろえている」(同氏)

 とりわけ、IoTについては「われわれの強みを生かせる分野」と自信を見せる。「IoTの応用分野は、農業、スマートシティー、医療、物流など多岐にわたる。そしてこれらは、Digi-Keyが既に製品を販売している分野でもある」(Ricciardelli氏)。同氏は、「IoTが面白いのは、扱う製品が単に部品、ハードウェアにとどまらず、ソフトウェアやサービスまで及ぶことだ。IoT機器をできるだけ容易に開発できるよう、ハードウェアとソフトウェアで構成される“完全なソリューション”を提供し始めているサプライヤーも多い。われわれは、そうしたサプライヤーの中から、ユーザーのニーズに合った適切なソリューションを提供しているサプライヤーを探し続けている」と語った。

FAとIoTについても、主要なサプライヤーの製品を取りそろえたいとしている 出典:Digi-Key(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.