ニュース
» 2017年11月08日 10時30分 公開

脳情報デコーディング技術:脳活動から解読、映像を見て感じた印象も言語化

情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)は、人の脳活動から、CM映像などを見て感じた内容を、「物体」や「動作」に加え、「印象」まで言葉で読み解くことができる「脳情報デコーディング」技術を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

CMの映像コンテンツ評価用途などに実装

 情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)の西田知史研究員と西本伸志主任研究員は2017年11月、人の脳活動から、CM映像などを見て感じた内容を「物体」や「動作」に加え、「印象」まで言葉で読み解くことができる「脳情報デコーディング」技術を開発したと発表した。

 脳情報デコーディングは、人が画像や映像を見て感じたことを、脳活動から読み取る技術。近年は、映像を見て感じた物体と動作の内容について、約500語の単語で言語化し推定した事例も報告されている。ただ、従来技術だと印象まで言語化することはできなかったという。

 研究グループは今回、人が映像を見て感じる物体、動作、印象について、その内容を1万語の「名詞」「動詞」「形容詞」として推定する技術を新たに開発した。大規模テキストデータから学習した「言語特徴空間」を、脳活動を解析するためのデコーダーに取り入れて、映像を見て感じた内容の推定に活用することで実現した。言語特徴空間は、意味の近い単語同士を近い距離で、意味の遠い単語であれば遠い距離でそれぞれ表現する。今回は1万語の表現を持つ言語特徴空間を取り入れた。これにより、従来技術に比べ20倍の単語を用いて解読が可能となったという。

映像を見て感じた内容解読の一例 出典:NICT

 具体的には、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いて、映像を視聴している被験者の脳活動を約2時間計測し、言語特徴空間を介して1万単語の近さや遠さを推定する。一方で、同じ映像内の各シーンに対して、被験者とは別の人たちにもシーンを説明する言語記述を行ってもらい、それぞれが感じる内容を文章にして評価した。シーン記述は、事前にWikipediaの大規模テキストデータに基づいて学習した言語特徴空間の表現に変換し、シーン記述の言語特徴表現(言語特徴ベクター)を作製した。

 今回の研究では、2013年にGoogleの研究者が開発した「Word2Vec」と呼ばれる技術を言語特徴空間の学習に利用し、言語特徴空間を100次元のベクター空間として表現した。このため、1つのシーン記述は言語特徴空間内の1点に対応する100次元の特徴ベクターに変換される。実験で計測した脳活動と、それに対応する特徴ベクターのデータに、機械学習を適用することで、脳活動と言語特徴空間の対応関係を推定し、それを重み係数として保持する。

デコーダー構築の概要図 出典:NICT

 次に、構築したデコーダーを用いて、被験者が映像を見て感じた内容を単語の形で推定する。脳活動から推定した特徴ベクターと1万単語の特徴ベクターの相関関係を−1から1の値で評価する。これが1に近いほど類似度が高いことを示すという。こうした類似度に基づいて、映像を見て感じた物体や動作、印象の内容を単語の形で推定する。

デコーダーを用いて推定した特徴ベクターを基に、映像を見て感じた内容と類似する単語を推定 出典:NICT

 デコーダーによる推定の正確さを評価するため、研究グループは類似度の検証も行った。この結果、6人の被験者で相関係数は0.40〜0.45の値となり、十分に高い類似度を示すことを確認した。

 今後は、映像から感じた内容の推定精度をさらに向上させるとともに、CM映像などが個性や購買行動にどう結び付くのか、などの検証にも取り組む予定である。さらに、発話や筆談が困難な人たちも利用できるよう、発話を介しない言語化コミュニケーション技術についても、産官学の連携で研究を行う計画である。

 なお、開発した技術はNTTデータにライセンス提供され、「脳情報デコーディング技術に基づいたCMなどの映像コンテンツ評価サービス」として、2016年度より実用化されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.