連載
» 2017年11月13日 11時30分 公開

製品分解で探るアジアの新トレンド(22):中国勢が目指すマイコン市場、その新たなるルート (2/3)

[清水洋治(テカナリエ),EE Times Japan]

設計力の高さで注目される中国Gigadevice

 図1は、2017年に弊社が分解した製品のほんの一部である。左からハイレゾリューション・オーディオ・プレーヤーである「PAW Pico」、マウスコンピュータの顔認証カメラ、再生専用DVDプレーヤー、大型量販店で販売されるセカンドテレビ、中国製のポケットドローンである。これらは全て日本でも容易に入手でき、かつそこそこの数量が販売されているものだ。これらに共通するのは、シリアルフラッシュメモリに中国Gigadeviceの製品が採用されている点である。

図1:さまざまな製品で採用されている中国Gigadeviceの製品 出典:テカナリエレポート(クリックで拡大)

 弊社の調査製品では、さらに数多くの製品でGigadeviceのシリアルフラッシュメモリが搭載される情報がそろっている。現在、最も目にするチップメーカーの1つと言ってもよいほどだ。

 Gigadeviceは2005年創業の中国メーカーで、現在はGlobal NOR Flash Marketのトップ5にも選出されるメーカーになっている。また2014年には中国ICデザイン賞を受賞、知名度と採用事例とともにデザイン力の高さも注目されている。シリコンバレーや韓国、台湾での経験者も多い。Gigadeviceのオフィスは本社が中国北京にあり、上海、深センなど中国内に数拠点、海外には台湾、韓国、米国、英国にもオフィスを持ち、日本では新横浜にオフィスを構えている。

 図2には、図1のようなややニッチな製品ではなく、世界的なブランド商品の内部でのGigadeviceのシリアルフラッシュメモリの採用事例を掲載する。米AMDのGPUグラフィックボード「RADEON RX470/480」、Samsungが2017年に発売したフラグシップスマートフォン「Galaxy S8」のOIS(光学式手振れ補正)カメラモジュール、Appleの「Macbook Air」のSSDカードにもGigadeviceのチップが組み込まれている。

図2:中国Gigadeviceの製品は、トップメーカーの製品にも採用されている 出典:テカナリエレポート(クリックで拡大)

 これら世界的なメーカーの製品には、高い品質と性能が要求される。中国製半導体は「安かろう、悪かろう」である、という偏見にも似た意見が2017年現在もないわけではないが、上記のような大手メーカーのトップブランド製品にも中国製のチップが入っているのは、まぎれもない事実だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.