ニュース
» 2017年11月29日 10時30分 公開

車載システムや産業機器向け:低抵抗シャント抵抗器、5〜220mΩ製品を追加

ロームは、車載システムや産業機器、大型家電製品における電流検出用途に向けた低抵抗シャント抵抗器「GMR100シリーズ」の量産を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

高電力で小型、高い放熱性と信頼性を実現

GMR100シリーズの外観

 ロームは2017年11月、小型で高電力の低抵抗シャント抵抗器「GMR100シリーズ」を開発、量産を始めたと発表した。車載システムや産業機器、大型家電製品における電流検出用途に向ける。

 GMR100シリーズは、抵抗値範囲が5〜220mΩである。独自の材料と構造を採用することで、表面温度を大幅に低減している。例えば、10mΩ製品を3Wで用いた場合、表面温度は100℃となる。従来製品だと181℃に達することもあるという。新製品は表面温度の上昇を45%も低減することが可能となった。このため、過電流負荷時においても、抵抗値が変化することなく、性能は安定している。

 また、抵抗体金属には高機能合金材料を採用した。低抵抗領域においても優れた抵抗温度計数(TCR)を達成しており、熱に左右されることなく精度の高い電流検出を可能とした。

左図は10mΩ製品を3Wで用いた場合の新製品と従来品の表面温度比較および、過電流負荷試験、右図は低抵抗領域における抵抗温度計数 (クリックで拡大) 出典:ローム

 GMR100シリーズは6432(6.4×3.2mm)サイズのパッケージで供給する。高さは0.4mmと一般製品に比べてほぼ半分に抑えている。このため、低背が要求される高密度実装基板への搭載も容易となった。サンプル価格(税別)は150円。既に月産100万個体制で量産を始めた。2017年11月より、チップワンストップやザイコストア(コアスタッフ)、アールエスコンポーネンツがインターネット販売を開始、3社のウェブサイトからも購入することができる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.