SCF2017 特集
ニュース
» 2017年11月30日 10時30分 公開

ルネサスが「SCF 2017」でデモ:既存装置にAIを、ハードの後付けで予知保全が容易に (2/2)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

冗長ネットワークをサポート

 この他、産業ネットワーク向け通信プロセッサ「RZ/N1」を使ったデモも披露した。RZ/N1はルネサスが2017年3月13日に発表したもので、ルネサス独自のイーサネット通信用IP(Intellectual Property)「R-INエンジン」と、主要な産業ネットワークプロトコル、冗長ネットワークプロトコルに対応できるのが特長だ。ソフトウェアを変更するだけで、これらの異なるプロトコルに対応できるようになる。現時点で、PROFINET、EtherCAT、EtherNet/IP、CC-Link IE Field Basic(以下、CC-Link IE)、Ethernet POWERLINK、Sercos IIIの産業ネットワークプロトコルに対応する。

 今回のデモでは、RZ/N1の中で最もハイエンドで、PLC(Programmable Logic Controller)などマスター機器向けの「RZ/N1D」を使い、冗長なリングネットワークをサポートできることを示した。

「RZ/N1D」のデモの構成図 出典:ルネサス(クリックで拡大)

 デモの構成は上の図の通りだ。PROFINET、EtherNet/IP、EtherCAT、CC-Link IEのそれぞれのプロトコルに対応したRZ/N1Dを搭載したマスター機器を用意する。これら4つのマスター機器は、冗長プロトコル(DLR)によって接続され、リングネットワークを形成している。ネットワークの一部が遮断すると、RZ/N1Dがそれを検知して別の経路に切り替えるという判断をするので、ネットワークの冗長性が確保される。

実際のデモの様子(左)と、RZ/N1を搭載したPLC(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.