ニュース
» 2017年11月30日 15時30分 公開

車載ソフト開発へ:ネクスティと東芝マイクロが共同でソフト開発会社

ネクスティ エレクトロニクスと東芝マイクロエレクトロニクスは2017年11月30日、両社が共同出資してソフトウェア開発会社を設立すると発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

社名は「ネクスティ システムデザイン」

 ネクスティ エレクトロニクスと東芝マイクロエレクトロニクスは2017年11月30日、両社が共同出資してソフトウェア開発会社を設立すると発表した。新会社は2017年12月1日に発足し、車載向けソフトウェア分野を中核とした事業を展開するという。

 ネクスティ エレクトロニクスは、豊田通商グループのエレクトロニクス商社。2004年からソフトウェア事業を立ち上げ、海外オフショア開発を通じ、プロジェクトマネジメント力を強化し顧客を獲得してきたとする。

 一方の東芝マイクロエレクトロニクスは、東芝デバイス&ストレージの子会社で、IC、LSIの企画、開発、設計と組み込みソフトウェア開発を手掛けてきた。

 両社は、事業を展開する自動車市場での技術進化に対応するためには、両社の強みを融合させることのできる共同出資会社の設立が有効と判断し、合意に至ったという。

 共同出資会社の社名は「ネクスティ システムデザイン」で、本社は川崎市幸区に置く。資本金は1億円。出資比率は、ネクスティ エレクトロニクスが51%、東芝マイクロエレクトロニクスが49%。設立当初の従業員数は出向者を含め60人。「将来的にはエンジニアを増強しながら、より広い領域のソフトウェア開発も視野に入れ、成長を目指す」(両社)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.