ET2017 特集
ニュース
» 2017年12月01日 10時30分 公開

熱電素子から下水監視の展示まで:ここまできた!日本のエネルギーハーベスティング (2/3)

[松本貴志,EE Times Japan]

熱電素子と振動発電素子、キャパシターを組み合わせたIoTデバイス

 太陽誘電は、熱電素子と振動発電素子、キャパシターを組み合わせたIoTモジュールを展示。熱電素子はKELK、振動発電素子は小西安、キャパシターと無線モジュールを太陽誘電が提供し、ビフレステックがデバイスおよびソフトウェアの開発を担当した。

IoTデバイスの概要とデモの様子(クリックで拡大) 出典:太陽誘電

 デモでは、運転中の空気ポンプの上にデバイスが設置され、ポンプの振動や熱によってデバイスを動作させ、ポンプの“運転状況見える化”を行った。熱電素子と発電素子によって発電された電力は、太陽誘電のポリアセンキャパシターに蓄電され、Bluetooth Low Energy(BLE)通信時に必要な電力をアシスト。これによって電池を不要とした。

IoTデバイスのモックアップ(クリックで拡大)

 想定する用途は、熱および振動を発生する機械の維持管理とする。展示したモックアップのサイズは61×41×47mmとなるが、さらなる小型化のメドは既に立っているとして、2018年中にはデバイスを市場投入する予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.