ニュース
» 2017年12月04日 10時30分 公開

SamsungとKDDI:走行列車での5Gハンドオーバーに成功

Samsung Electronics(サムスン電子)とKDDIは2017年12月1日、時速約100kmで走行する列車での第5世代移動通信(5G)システムのハンドオーバー実験に成功したと発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

埼玉県内の約1.5km線路区間で、最大1.7Gbps通信

 Samsung Electronics(サムスン電子)とKDDIは2017年12月1日、時速約100kmで走行する列車での第5世代移動通信(5G)システムのハンドオーバー実験に成功したと発表した。走行列車での5G通信サービスを用いたハンドオーバー実験の成功は「世界初」(Samsung)としている。

 両社の実証実験は2017年10月17〜19日の日程で、埼玉県内の約1.5kmの線路区間で実施された。実験には、Samsung製の5G端末、5G基地局、仮想化RAN(Radio Access Network)、仮想化Coreを使用。5G端末は列車内に設置し、8K解像度のUHDビデオのダウンロードを行った他、列車に設置したカメラの映像(4K解像度のUHDビデオ)のアップロードも実施した。その結果、下りおよび、上りデータ通信中のハンドオーバーに成功し、最大通信速度1.7Gビット/秒(bps)を達成したとする。

実証実験のイメージ 実証実験のイメージ 出典:Samsung Electronics

 Samsungは、「超高速、低遅延、大規模な接続といった特長を有する5Gを用いて、走行列車におけるさまざまな鉄道サービスへの適用可能性を確認した世界で初めての実験」と今回の実証実験の成果を位置付けている。

 SamsungとKDDIの両社は2015年から継続的に、5Gの実証を共同で実施。2017年2月には、東京都内の高速道路で走行する車両に搭載した端末を使用し、複数基地局間のハンドオーバー実験を実施。2017年9月にも、韓国・龍仁(ヨンイン)市の「Eveland SPEED WAY」で時速200km以上で走行する車両に設置した端末を使用した高速移動実験を行い、いずれも成功している。

5G(第5世代移動通信)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.